日刊大衆TOP トレンド

知ってた?「お盆の時期が3つもある」複雑な事情

知ってた?「お盆の時期が3つもある」複雑な事情

 亡くなった人の霊を祀るための儀式、「お盆」の時期が近づいてきた。「お盆」とは正式には「盂蘭盆(うらぼん)」といい、サンスクリット語(古いインドの言語)の「ウランバナ(ullambana)」を漢字にあてはめた言葉で、これは「倒懸(とうけん、逆さ吊りになったような苦しみ)」という意味。

 釈迦の弟子の目連(もくれん)が、亡母が地獄で「逆さ吊り」にされ、飢え苦しんでいるのを救うため、釈迦に相談すると『雨期の学習期間(安居、あんご)を終えた7月15日に仏と僧に供養すれば(この場合は食物を捧げること)、死んだ7世の父母の苦しみを救うことができる』と説かれた。この、子による父母の救済の教えが「盂蘭盆」のはじまりとされている。また、中国では道教などにも死者を祀る儀式があり、これらと一緒になって日本に祖霊信仰として伝わってきたらしい。

 この「お盆」の時期だが、地域によって3つの時期がある。

「7月盆」新暦の7月15日ころ、関東の一部
「8月盆」新暦の8月15日ころ、全国的に多い
「旧盆」旧暦の7月15日ころ(2016年は8月15~17日)、南西諸島、沖縄など
※「8月盆」を「旧盆」と呼ぶ場合もあるが、これは「7月盆」との対比を意味するもので、旧暦の「旧盆」とは違う。

 夏休みの連休期間でもある8月中旬が「お盆」だと思い込んでいたら、東京出身者に『我が家は7月ですよ』なんて言われて驚いた地方出身者も少なくはないだろう。また、沖縄出身者が8月末に『お盆ですから』と帰省していった、なんて話を聞いたことがあるかもしれない。

 では、どうして「お盆」の時期が3つもあるのだろうか? これは明治5年12月2日まで使われていた旧暦が、その翌日、新暦に切り替えられたとき(明治6年1月1日となり、前倒しで正月が来た)、全国各地域で対応の違いがあったからなのだ。その対応を上記の3つの時期に照らし合わせてみると……。

「7月盆」→「新暦重視型」
新暦にのっとり、以前のお盆の日程をそのまま使った。結果として、以前より早い時期にお盆を迎えることになった。特に東京では「天子様(天皇)のお膝元」ということで、政府の決めた新暦に従おうという意識が強かった。

「8月盆」→「折衷型」
新暦に変更はするが、もとのお盆の時季になるべく合わせるため、日程を1か月遅らせた。地域によっては、いったんは「7月盆」にしたものの、『梅雨空のお盆ではご先祖様に申し訳ない』などの理由で、8月にまるっとズラしたそうだ。

「旧盆」→「旧暦重視型」
沖縄では「お盆」はご先祖様のための大切な行事となっているため、新暦に変更せず、旧暦の7月15日をお盆とした。「お盆」の他にも行事のほとんどを旧暦で行うので、沖縄のカレンダーは旧暦が入っているのがほとんど。

 以上のように、暦は政府によって変えられたものの、実際には行事によって、旧暦と新暦が長く使いわけられてきた。「お盆」にしても、現在の新暦「8月盆」が全国的に定着したのは、戦後になってからのことらしい。そのおかげで、その内容も全国一律にはならず、各地域でいろんな「お盆」の風景を見られるようになったのだ。

 ちなみに、同じく夏の風習である「お中元」と「お盆」は関係があって、「お盆」が江戸時代に入って民間の行事として盛んになり、「盆礼」といって親族や知人の家を訪ねて進物の贈答をすることが行われ、関西では素麺、関東では麦粉や米などを持参した。その「盆礼」は「中元」とも呼ばれ、現在の「お中元」になったらしい。

知ってた?「お盆の時期が3つもある」複雑な事情

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.