日刊大衆TOP 芸能

実は芸人再生工場!? 内村光良がブレイクさせたお笑い芸人たち

実は芸人再生工場!? 内村光良がブレイクさせたお笑い芸人たち

ウッチャンナンチャン(以下、ウンナン)は深夜番組『夢で逢えたら』(フジテレビ系、1988年~1991年)でブレイクした、内村光良(51)と南原清隆(50)の2人のお笑いコンビで、とんねるず、ダウンタウンと並ぶ「お笑い第三世代」と呼ばれている。

今ではおなじみとなった、それぞれのネタの冒頭に『ショートコント、◯◯◯』と言って短いネタを連発する、「ショートコント」のフォーマットを名称と共に一般的に認知させたと評されているほど、お笑い界に影響を与えた二人だが、これ以外にもウンナン、特に内村には大きな功績があることをご存知だろうか。

それは、数々のバラエティ番組で若手芸人を人気芸人へと育て上げてきた実績だ。ウンナンが所属するマセキ芸能社だけでなく、他事務所に所属する芸人でも気に入った場合はじっくりと重用し、その芸人の「取扱説明書」を世の中に浸透させる。そのきっかけとなった番組と、出演した芸人を以下にまとめてみた。


『ウンナンの気分は上々。』(TBS系、1996年~2003年)
さまぁ~ず 三村マサカズ(48)、大竹一樹(47)
くりぃむしちゅー 上田晋也(45)・有田哲平(44)
負けたらコンビ名改名という対決企画で、三村と大竹の2人のお笑いコンビ「バカルディ」が「さまぁ~ず」に強制的に改名。これをきっかけに世間の注目を集め、三村の『~かよ!』というツッコミ芸などが認知されて再ブレイクした。お笑いコンビの海砂利水魚は、バカルディとの2度のコンビ名改名を賭けた対決で、1度目は勝利したが、2度目は敗北。くりぃむしちゅーに強制的に改名させられた。お笑い芸人の看板ともいうべきコンビ名を変えさせてしまった内村は責任を感じ、さまぁ~ず同様、自身のレギュラー番組などで積極的に彼らを起用し、不遇の時期を抜け出してブレイクする後押しをした。

『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』(日本テレビ系、1996年~2002年)
よゐこ-有野晋哉(43)・濱口優(43)
レギュラー出演のはずなのに休みが続いていたことから、濱口が南原に「どうしてよゐこはコーナーに使ってもらえないのかと相談した。すると南原は「よゐこ」はジョーカーだよ! うまく使えば最強のカード。ただ使い方をまちがえると最悪のカードになる」と答えたそうだ。この言葉に2人は勇気をもらい、最強のジョーカーを目指して必死になったそうだ。また、ウンナンには芸だけでなく、芸能界での立ちふるまい方も学んだとも語っている。
この番組から登場した音楽ユニット「ポケットビスケッツ」「ブラックビスケッツ」はそれぞれヒット曲を飛ばした。

『笑う犬』シリーズ(フジテレビ系、1998年~2003年)
ネプチューン-名倉潤(46)・原田泰造(45)・堀内健(45)
『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)で強烈な個性を放ったものの、レギュラー番組には恵まれていなかった。そんな3人を、内村光良が『純粋コント番組』を作りたくて、1998年10月に始めた番組『笑う犬の生活』に起用。プロレス兄弟に扮した『テリー(堀内)とドリー(原田)』、「俺、タイ人じゃないっすよ」が口癖の『ヘバダ(名倉)』など、彼らは個性的なキャラのコントを演じてブレイクしていった。
『内村プロデュース』(テレビ朝日系、2000年~2005年)
有吉弘行(41)
猿岩石としてのヒッチハイク企画で大ブレイクしたものの、その数年後には月収ゼロに転落した有吉は、各企画でやたら裸にされたり、内村たちの傍若無人な扱いに翻弄されていた。しかし大喜利ではダジャレを得意として、共演のさまぁ~ずより高得点をあげるほどだった。それは、のちに「毒舌王」の異名を得るまでの大きなステップとなっていて、自著でも「今、僕が芸人を続けられているのは、『内P』のおかげです」と綴っている。

ふかわりょう(41)
シュールなネタのピン芸人として活躍していたが、他の芸人と絡むバラエティ番組を得意としていなかった。内村には番組開始当初から呼ばれ、テレビで全裸になるなど、それまでの彼の芸風からは想像できない企画を体験。のちのインタビューで「最も大切なそこ(芸人としての面白み)を内村さんに作り上げていただきました」「一番鍛えていなかった部分を鍛えてもらった」と語っている。

バナナマン-設楽統(42)・日村勇紀(43)
当時、まだテレビ出演が少なかった2人だったが、設楽は大喜利の実力を発揮し、日村が「子供の頃の貴乃花」のモノマネ芸で注目を浴び、その後の多数のバラエティ番組への進出の下地となった。

土田晃之(43)
お笑いコンビのU-turnを解散したあと、レポーター業などで食いつないでいた土田。せっかく内村に呼ばれても、芸人としての過酷な企画ばかりの番組に「あそこは戦場だぞ!」と悲鳴を上げ、「出演の度に体重が減る」と訴えていたが、いつの間にかファミリーのポジションを得て、その後の雛壇芸人としての成功につなげている。

TKO-木本武宏(44)、木下隆行(43)
4度目の東京進出に挑戦した2人は、若手芸人ネタ見せ企画で初登場。若手なのに芸歴が長いために妙にこなれすぎている芸風や、木下のドラえもんのモノマネ芸がウケて、出演回数を増やしていく。ただし、ブレイクしたのは、この後の5度目の挑戦だった。


この他にも、キャイ~ン、出川哲朗、ビビる大木、TIM、我が家、はんにゃ、ロッチ、狩野英孝、しずる、ジャルジャル、フルーツポンチ、柳原可奈子など、多くの芸人が「ウンナン」の2人、特に内村によって見出されている。それは「旬だから」といった理由で起用するのではなく、じっくり芸人に光を当て、その内面からにじみ出る面白さを引き出していく、厳しくも優しい、芸人としての目があるからなのだろう。

実は芸人再生工場!? 内村光良がブレイクさせたお笑い芸人たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.