日刊大衆TOP 芸能

天野ひろゆきに蒼井優も! NHK・Eテレで活躍している意外な芸能人たち

天野ひろゆきに蒼井優も! NHK・Eテレで活躍している意外な芸能人たち

 我々が幼い頃の「NHK教育」といえば、歯磨きしたり、お遊戯したりの子ども向け番組ばかりであった。だが、今は違う。2011年にEテレと名も替え、方針も一新。いまやEテレは子どもから大人まで楽しめる良質なコンテンツ揃いなのだ。なかでも注目すべきはその豪華なキャスティング。そこで今回は、「えっ、こんなところに!」と驚かされる意外なEテレ芸能人をまとめてみた。

●ゴールデンボンバー樽美酒研二(35)=『ニャンちゅうワールド放送局』(日曜17時~17時25分)……ネズミの着ぐるみを着たネコのニャンちゅうが海外の文化や話題などを子ども向けに紹介。ニャンちゅうの孫の孫の孫という設定で登場するのがニャルビッシュことゴールデンボンバー樽美酒だ。おなじみの白塗りに、ピンクの全身タイツという異形な出で立ちで当初はインパクト大だったが、好評につき2013年からレギュラー化(笑)。いまでは当番組になくてはならないキャラとなっている。

●サバンナ高橋茂雄(39)・篠原ともえ(36)・DAIGO(37)ほか=『みいつけた!』(平日7時45分~8時)……なぜかテーマが「椅子」の、幼児向けエンターテイメント番組。サバンナ高橋扮するメインキャラ・コッシーを初めとして顔ぶれは超豪華だ。篠原ともえ、トータス松本(48)、DAIGO、山口智充(46)、森山直太朗(39)などが椅子の町の住人としてアニメの声優を務めており、大人も楽しめる作りとなっている。いっぽう、リトミックコーナーの作詞に宮藤官九郎(45)、作曲に星野源(34)、踊っているのはグループ魂の三宅弘城(47)など、サブカルお母さん狙いの演出も。

●野村萬斎(49)・六代目中村勘九郎(34)=『にほんごであそぼ』(平日6時45分~6時55分)……日本語の表現を通して楽しく遊ぶ言語バラエティで、『声に出して読みたい日本語』の齋藤孝(55)が総合指導にあたっている。日本の伝統芸能の紹介もあり、狂言からは野村萬斎、歌舞伎からは六代目中村勘九郎が登場。野村萬斎による「ややこしや」の一節は子どもたちの間で流行語にもなった。振付けはラッキィ池田(59)が担当し出演もしているが、トレードマークの頭のジョウロはもうやめたようだ(笑)。

●草なぎ剛(41)ほか=『ピタゴラスイッチ』(土曜7時45分~8時)……ピタゴラ装置、アルゴリズム体操で知られる人気番組。ここのキャスティングもなにげにスゴイぞ。まず、10本の棒が色々なモノに変身する「10本アニメ」に、片桐仁(42)、荒川良々(41)、近藤公園(37)。1本の長い線が折り曲がっていく「ポキポキアニメ」はSMAP草なぎと、その豪華ぶりはさすが天下の公共放送だ。そのほか、フットボールアワーやほんこん(52)、サンドウィッチマンなどお笑い業界からも揃いぶみで、内容もさることながら、クレジットを見てるだけでも「ああ、あの人も!」と楽しめるはず。

●キャイ~ン天野ひろゆき(45)=『フックブックロー』(平日7時35分~7時45分)……『ハッチポッチステーション』『クインテット』に続くパペットバラエティ。舞台となっている本屋にたびたび現れる双子の浪人生が天野っちだ。シンガーソングライターの谷本賢一郎(41)や、バイキンマンの声優・中尾隆聖(64)など、実力派のメンツに囲まれているが、お笑い界一の歌唱力を持つといわれる天野っちだって負けてはいない。一人二役の双子の声を巧みに歌い分け、番組開始当初は「あの美声は誰?」と話題になったほどだ。

●ジャングルポケット斉藤慎二(33)・設楽統(42)=『できたできたできた』(火曜・水曜9時~9時10分)……小学校一年生までの子どもを対象とした生活指導番組。まだ社会のルールをわかりきっていない小学一年生の子ども、ガッツ王子役をジャングルポケットの斉藤が務め、ナレーションをバナナマンの設楽が担当している。ちなみに設楽の相方の日村勇紀(43)はたまにしか出ないガッツ王子の父親という役どころ。ガッツ王子のおばあちゃん役には中村メイコ(81)などこちらも思い切ったキャスティングだ。

●蒼井優(30)=『考えるカラス~科学の考え方~』(火曜10時~10時10分)……小学生から中学生に向けた理科・科学番組に出演しているのが、女優の蒼井優。レギュラーコーナー「考える練習」で実際に理科の実験をしているのだが、思ったよりも大きい音が出たりするとちょっと驚いた表情をしていたりして、そこがまた可愛いのだ。どの実験でも同じショートカットに紺のワンピースという格好なので、あまりリテイクはせずバンバン撮り溜めているのかも。

●COWCOW=『キミなら何つくる?』(水曜9時10分~9時20分)……COWCOWの2人と子役の「うぶちゃん」こと千野羽舞(13)による図画工作番組。吉本興業で写真部を結成するなど元々アート派だったCOWCOW善し(41)が図工のお兄さん役だが、毎回うぶちゃんの作品のほうが達者なことはこの番組の突っ込んじゃいけないところだ。ヘタしたら図工が苦手設定のCOWCOW多田健二(41)のほうが善しより上手いときもあり、回を重ねるたびコンセプトが怪しくなっている(笑)。

 そのほか、道徳番組『時々迷々』に片桐はいり(52)、支援学級向け学校生活番組『ストレッチマンV』に流れ星ちゅうえい(37)、春名風花(14)と、いずれもマニアックな人選だ。子どもと一緒にお母さんも巻き込もうとする手口は、イケメン俳優ばかりを採用する特撮と同じなのかもしれない!?(下田通子)

天野ひろゆきに蒼井優も! NHK・Eテレで活躍している意外な芸能人たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.