日刊大衆TOP 芸能

「実力主義」と「厳しさ」どちらに軍配が?【金本VS高橋・新監督“激突”大予測!采配編】

[増刊大衆2016年01月26日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

「実力主義」と「厳しさ」どちらに軍配が?【金本VS高橋・新監督“激突”大予測!采配編】

 巨人に高橋由伸(40)、阪神に金本知憲(47)——東西の人気2チームに新監督が誕生した。そこで、新指揮官の就任で注目の的となるであろう2016年の“伝統の一戦”の行方を、2人の監督力を比較することで占ってみよう。

 さて、2人の新監督は試合で、どのような采配を振るうのだろうか。まだシーズンが始まってもいない段階なので、なんとも言えないが、秋季キャンプの様子から、ある程度の方向性を予測することはできる。

 高橋由伸監督は、秋季キャンプにおいては“選手を見る”ことに主眼を置いていたように見受けられる。それは選手の起用法について報道陣に問われた高橋が、「実力至上主義と思っている」と即答したからだ。「この言葉の意味は実績の有無を問わず、現段階で実力を感じさせる選手を選ぶということです。それを証明するように、秋季キャンプでは精力的に動いて、ブルペンで公文克彦や今村信貴のような若手投手に熱視線を送っていました」(巨人軍担当記者)

 野手陣では、入団2年目の期待のスラッガー・岡本和真に、主力の坂本や亀井善行と同じ練習をさせて、「まだまだ(強化が)必要なところもあるが、早く力をつけてレギュラー争いをしてほしい」とコメントした。

 このところ、選手の高齢化や力の衰えが目立つチームにあって、高橋新監督は新戦力の台頭を渇望している。レギュラーに取って代わるほどの実力をつけてくれなければ、巨人に未来はないというわけだ。

 実力さえつけば、どんな選手でも積極的に使ってもらえる。そんな希望があれば、やる気も倍増する。「そのとおりです。一般的に監督が代われば選手の意識は変わります。監督交代は、淀んだチームの空気を入れ替えるいい機会なんです」(前出の橋本氏)

 当然、これは阪神にも言える話。金本知憲監督は就任会見で、「補強なしで、いまの選手で勝って(優勝を)掴んでいくのが理想」とブチ上げ、選手の心をわし掴みにした。そして、「どんな監督になりたいですか」と記者に問われると、「まず厳しさのある、それでいて愛情もあって、明るいところ(監督)を目指してます」と答えた。

 その言葉どおり、何より厳しさが前面に出るのが金本色だ。キャンプでは初日から、返事のない選手に怒声を飛ばす場面もあり、就任会見での言葉が嘘ではないことを証明した。ちなみに、巨人、阪神の両チームに同時に新監督が就任したことは、過去に4度あった。そして、合計8人の新監督のうち、優勝の栄冠を手にしたのは、02年の巨人・原辰徳監督のみ。あの年の巨人は、投げては上原浩治や桑田真澄、打っては松井秀喜らが大活躍。結果、2位に11ゲーム差をつける独走でリーグ優勝。そして、日本シリーズでは球団史上初のストレート勝利で日本一に輝いた。

 さて、高橋の“実力至上主義”と金本の“厳しさ”、どちらの采配に軍配が上がるのか。来季の開幕が、いまから待ち遠しい。

「実力主義」と「厳しさ」どちらに軍配が?【金本VS高橋・新監督“激突”大予測!采配編】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.