日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】いよいよ皐月賞。3強の構図を崩すには!?

 散り際がもっとも美しいとされるサクラの花びらもほぼ風に舞い散り、今週末は、いよいよ、牡馬三冠クラシックの第1弾「皐月賞」が行われます。レースを一週間後に控えたこの時期、ジョッキーはどんな気持ちで毎日を過ごしているのか!?

 若い頃は、「大舞台でいっちょ、いいところを見せてやろう」と、かなり前のめりになっていましたが、最近はいつも通り。淡々とやるべきことをやり、後はレースに集中しています。パートナーの調子はどうなのか。レース当日の天気予報は雨なのか、晴れなのか。なんとなくレースのイメージを頭の中に描くくらいで、枠順が決まるまではそれほどピリピリした感じはありません。

 できれば、圧倒的に支持された1番人気でゲートに入りたい――人それぞれでしょうが、大きなレースになればなるほど、僕はこの気持ちが強くなります。相手がどうこうではなく、自分の競馬をすれば結果は付いてくる。そんな状況が理想です。2015年、ディープインパクトとともに挑んだ「皐月賞」が、まさにそんなレースでした。でも、そんな最強のパートナーに恵まれるのは、十数年に一度あるかないか。93年のナリタタイシンで初めてこのレースを勝ったときは、岡部幸雄さんが乗るビワハヤヒデと柴田政人さんが騎乗するウイニングチケットが2強を形成。3強と呼ばれるようになったのはこの後のことで、僕とナリタタイシンは、大きく離れた3番手評価でした。

 どうやったら、2強を倒すことができるのか!? 考えに考え抜き、これしかないという戦法を編み出し、それが見事にはまっての優勝は、圧倒的な一番人気で勝つのとはまた別の味わいがありました。

 00年、エアシャカールで勝ったときは、レース前から波乱ムードが充満していました。出走すれば、圧倒的な人気を得たはずのフサイチゼノンにアクシデントが勃発。出走する全馬にチャンスが生まれるという戦国ムードとなり、しかも、場内の歓声に驚いた3番人気馬、ラガーレグルスが、ゲートの中で騎手を振り落として競走中止に。まだ、何かあるかも……という競馬場全体が落ち着かない中でのスタートでした。

 同じ優勝でも3者3様。どれが一番というのはありませんが、“強い馬が強い競馬をして勝つのが競馬の王道”という僕の信念は、昔も今も変わりません。今年の「皐月賞」で3強を形成するサトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズの強さは、もう、十分すぎるほどよく分かっています。

 分かったうえで、敢えて言います。競馬に絶対はない――。僕が騎乗するエアスピネルとの力差は紙一重。レース当日、落ち着いていれば、チャンスは必ずあるはずです。ダメだと思ったら、本当にそこで終わり。ダービーに向けて、悔いのないレースをしたいと思います。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GⅠ制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】いよいよ皐月賞。3強の構図を崩すには!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.