日刊大衆TOP 娯楽

パチスロで「2万円負け」から盛り返せる!? “ホールの去り際”に輝く台

バナー

パチスロ勝利の隠し味 松本バッチ
第45回「その2万負け、諦めるにはまだ早い」

 パチスロと一言に申しましても、色とりどりの機種がございます。有名作品とのタイアップ機種や、パチスロメーカーオリジナルのコンテンツ機種、はたまた実在の有名人が登場する機種まで、現状ホールで打つことのできる機種に限っても、両手両足じゃ到底数え切れぬほどの機種があるわけです。そんな中、今日は1つの機種をピックアップしてご紹介させていただこうかと思います。その機種の名前は『リノ』。

リノ
リノ(山佐)
(C)YAMASA

 この『リノ』という機種は、何より素晴らしい個性を持っております。それは……

「打てる時間は残り数時間……ATやART機には手を出しづらいけれど、うまいこと引っ掛けて1000枚、なんなら2000枚欲しい! 貰えなくても最悪トライしたい! トライが3分の1ならイケる気がする! だからやっぱり1000枚欲しい!」

 という、至極ワガママな我々の望みに応えてくれるということなのです。もちろん、そうそう毎回100ゲームぐらい回して1000枚出てくるわけがない。勝てる気せぇへん的な日もくるでしょうし、最初からコレ打ってりゃ良かった的な日もくるでしょう。ただ、我々のワガママを受け止めてくれる懐の深さだけはそこにある! そんな機種なのです。

 

 ちょっとレトロな見た目の筐体で、液晶はついておらず。この『リノ』のリールでは、パチスロの主役と言っても過言ではない7図柄に負けず劣らず、“トマト”の図柄が輝きを放っております。打ったことがある方、中にはすでにゾッコンラブな方もいらっしゃるかとは思いますが、今日は「まだリノを打ったことがない方」に向けて話を進めさせていただきます。先に申し上げますと、打ち方、楽しみ方、勝ち方に関しては今回触れません。まずは、その前。『リノ』とは何なのか、これが今回のテーマであります。

 パチスロの多様性のほうに話を戻しまして、たくさんあるパチスロたちは「外側」の違いだけではなく、ゲーム性を構築するシステム、いわば「内側」の違いをもちろんそれぞれ持っているわけで、むしろそっちが命。それゆえに、どんな出方をするかも機種それぞれであります。しかし、そのシステムを非常にざっくり分けてしまうと、そこまで種類としては多くない。だいたい次の3パターンに分類されるでしょう。注目すべきは「当たりの形」です。

1)ボーナス主体型(ジャグラー、サンダーVリボルト、ハナハナなど)
 レバーを叩いてボーナスを当てて、ボーナス図柄を揃えてボーナススタート。ボーナス中は押し順などは不問。順押しで消化するだけで小役が揃い、スピーディにコインが増加していく。しかし、ボーナスが当たるのは毎ゲームの抽選でのみなので、出玉の塊(連チャン)に関しては偶発的なものを待つ他なし。『ハナビ』など、ボーナス後にリプレイ確率が上がる「RT期間」(パチンコでいう時短)を持つものもある。

2)AT・ART主体型(ミリオンゴッド、北斗の拳強敵、沖ドキ!など)
 主に、レア小役(スイカやチェリーなど)をはじめとする小役によって大当たりを抽選。当たりが始まれば、押し順のナビゲートが発生し、高確率で揃うリプレイと、押し順で揃うベルなどのメイン役でコインを増やしていく。当たり1回で比べると出玉増加スピードはボーナス主体型に劣るものの、「長く続く大当たり」や「大当たりの連チャン」をシステムとして生み出せるため、一度に大きな出玉を得る可能性も高い。

3)ボーナス+ART型
 1と2に比べ、ボーナスなら抽選確率や払い出されるコイン枚数、ARTなら純増枚数(出玉が出るスピード)が劣りがちなものの、その両方を兼ね備えているため、うまく絡んだときに大きな出玉へとジャンプアップする。それと共に、システムで作られる連チャンに、偶発性のあるボーナス成立も絡むため、ゲーム性も独自のものを持ちやすい。

 現状ホールに設置されている、9割以上の機種が上の3つのどこかに入るわけです。ここで、今回のテーマ『リノ』でごさいます。

 この機種は、厳密に言うとボーナス主体型に分類されるのですが、そのシステムは大きくその枠をハミ出し、もはや完全に別部類のパチスロと言えるのです。上に沿って分類するのであれば……、

4)ボーナス連チャン型
 押し順不問で消化できるスピーディなボーナスが、連チャンするタイプ。

 わかりやすく『リノ』のゲーム性を紹介すると、「ボーナス(BIGとREG)を抽選していない時間」と「ボーナスが高確率(約8分の1)で成立する時間」を行き来するゲーム性なのです。

 その幸せなほうへの片道切符になるのが、リールにデカデカと君臨する「トマト」であります。トマトが揃えば、ボーナス確率8分の1状態へ突入となるわけです。しかし、1回トマト揃えた後はずっとボーナス確率8分の1なわけじゃなく(店潰れちゃうから)、そこからは「高確率状態からの転落抽選」とのせめぎ合いになるわけです。

 なので、せっかくトマトを揃えても、ボーナスを1つも引けずに転落……なんてことも起こりえます。しかし、1回のトマト揃いで期待できる獲得枚数は500~600枚。ボーナスがループする確率に直すと、その連チャン率は約80%にも値します。

 そんなお高そうなトマト、どうせなかなか手が届きませんよ……と、思わせないのが『リノ』の魅力でして。

 もっとも出玉が出にくい設定1でも、98分の1でトマトを揃えるチャンスが訪れます。これがいつ何時でも、この確率。その98分の1を引いて、「左リールの押す場所(3択)が合っていれば」、見事トマトは揃ってしまうわけです。

 打ち方は紹介しないと言いつつ、ここでワンポイント。トマトは適当に打っても揃いますが、この「左リールの3択」に挑戦してトマトを自力で揃える醍醐味を味わうためには、通常時は逆押し(右リールから止める)で消化します。右リールと中リールでトマトが並んだら、後は左リールの3択です。

 3つの選択肢は、赤7か青7かコイン図柄のどれか。あとは左リールを押す場所次第で、トマトが3分の1で揃う! 揃わなきゃ3分の1に失敗、揃えばボーナス連チャン! あとはボーナス高確率状態の終了の合図である「リプレイ確率が3分の1に上がる」状態になるまで、8分の1のボーナスを当てまくるべし!

 そこから先の面白さや、もっと詳細な打ち方や立ち回り方は、前述した通り今回は割愛させていただきますが、ちなみに、この『リノ』と同じタイプの台は数種類登場しております。『リノ』よりマイルドな『ナイツ2』や、『リノ』よりさらに出玉の波の荒い『スーパーリノMAX』。AT主体型機種である『南国物語』のスペック違い版『南国物語SPECIAL』等々。これらは、トマトの役割を果たす小役の出現率や、その後の連チャン率は違えど、皆『リノ』と同じシステムです。

 パチスロ全体から見ると、マイノリティな分類に入るシステムではありますが、確かな居場所を確保してもおかしくない個性を持っているシステムだと、僕は思うわけです。そして、『リノ』(ないしリノの様な機種)が選択肢に入っていると、パチスロがもう少し面白くなるに違いない、とも。

 ぜひ、チャレンジしてみて頂きたい。特に帰り際、ホールからの去り際に光を放つ1台でございます。


■松本バッチ プロフィール

1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、『パチスロ攻略マガジン』をはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。yab山口朝日放送「山口レバーオン!」(毎週火曜日25:45~)、テレビ埼玉「真王伝説」(毎週土曜日24:00~)ほか、テレビレギュラー出演も多数。

松本バッチ、巷で話題の「トマト」を大収穫!?の第261回
パチンコ・パチスロ実戦バラエティー『山口レバーオン!!』

いまや全国区の人気を誇るパチスロ番組のメインMCに抜擢!
yab山口朝日放送で毎週火曜日深夜25:45より放送中!
◆山口レバーオン第261回
https://youtu.be/xqKHISeEdnQ



パチスロで「2万円負け」から盛り返せる!? “ホールの去り際”に輝く台

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.