日刊大衆TOP 社会

安倍首相「大物はどのイスに!?」“8月内閣改造リスト”スッパ抜き!!

[週刊大衆08月08日号]

安倍首相「大物はどのイスに!?」“8月内閣改造リスト”スッパ抜き!!

 政治的な安定を手にして、大規模なテコ入れの必要はなくなったが、安倍首相はかつてないほど悩んでいる。「与党で過半数の議席を確保し、憲法改正に賛成の立場を表明している他党の議員も頭数に入れると、衆院に続き、参院でも“改憲勢力”で3分の2を確保したことになります。安倍晋三首相の力は、政権発足時に比肩するほど大きくなったと言えます」(全国紙政治部デスク)

 円高、株安で求心力が落ちていたにもかかわらず参院選に勝利。絶大なパワーを復活させた安倍首相が今、知恵を絞っているのが内閣改造と自民党内の人事だ。「8月3日に発表される見通しです。もし参院選で自公で過半数割れの結果を招いていたら、世論への“テコ入れ”のため大規模な改造となったでしょうが、今回は大きくいじる必要はないでしょうね」(前同) 

 とはいえ、“都落ち”確実な大臣も少なくない。「参院選で現役閣僚ながら落選した岩城光英法相と、島尻安伊子沖縄北方担当相は改造で刷新されます。法相の後釜に噂されているのは、岩屋毅氏(衆=麻生派)、山本幸三氏(衆=岸田派)の両人です。大穴で稲田朋美(衆=細田派)政調会長の名前も挙がっていますが、これは首相の寵愛と弁護士の資格を持っているからです。稲田さんの名前は、他のポストでも登場する売れっ子ですね」(自民党関係者)

 一方の沖縄北方担当相の後釜だが、沖縄は安倍政権と対峙する翁長雄志県知事が率いているため、かなり重要なポストになる。「沖縄の米軍基地問題をライフワークとしていた梶山静六氏(元官房長官)の息子の梶山弘志氏(衆=無派閥)の名前が聞こえてきます。また、沖縄で工作を進める中国の影響力を考慮すれば、同国にパイプを持つ二階俊博総務会長の派閥から、大臣経験のない鶴保庸介氏(衆)を起用する案もあるようです」(前出のデスク)

 鶴保氏は、野田聖子前総務会長(衆=無派閥)と事実婚の関係にあった元亭主。その野田氏は、安倍首相に対し反旗を翻している急先鋒として知られている。「彼女は、安倍首相が党規約を改正して3選を狙う次期自民党総裁選への立候補を明言しています。首相とは犬猿の仲なので、今回も入閣はありえません。ただ、元亭主に類が及ぶ心配はないでしょう(笑)」(前同)

 続いてお役ご免確実なのが、“パンツ大臣”こと高木毅復興相だ。「下着泥棒疑惑と香典問題が取り沙汰されたとき、安倍首相はクビを切る決断を下していました。ただ、話題が立ち消えたため大臣職を“完投”できただけ。更迭は確実です」(同)

 もう一人、遠藤利明五輪担当相も首元が涼しい。「遠藤さんは山形が地元ですが、参院選では自民党候補が敗れている。今回の改造は参院選の論功行賞も大きく影響するため、解任は不可避の情勢です」(同)

 ただし、都知事選の結果次第では逆転留任もありうるという。「“小池の乱”を起こし、自民党都連を敵に回して立候補した小池百合子が勝利すれば、遠藤さんは留任でしょう。小池さんと森喜朗東京五輪組織委員会会長は、森さんが自民党議員だった時代から水と油。互いに憎み合っています。遠藤さんは小池さんとも森さんとも関係は良好で、小池都知事誕生となったら、“自分が間を取り持つ”とアピールできるからです」(自民党細田派関係者)

 このように先の参院選同様、都知事選の行方も改造人事に少なからず影響を与える。「小池さんが先手必勝で立候補した後に自民都連が担いだ増田寛也元総務相は、野党統一候補の鳥越俊太郎さんや小池さんには知名度で劣るため、苦戦が予想されています。もし落選した場合は、都連会長の石原伸晃経済再生担当相の責任問題に発展します。同時に増田の担ぎ出しに動いた茂木敏充党選対委員長の評価も下がるはずです」(自民党関係者)

 増田氏を是が非でも都知事にしたい石原、茂木両人は結果が分かる今月末まで生きた心地がしないだろうが、もう一人、都知事選の行方を注視している御仁がいる。一時は“安倍首相最大のライバル”と目されていた石破茂地方創生担当相だ。「実は小池の乱の裏には石破さんがいるのです。最近は“総裁任期延長はあってもよい”と発言するなど、安倍首相の軍門に下ったイメージがありました。“総裁任期延長は認めず”と公言する“女刺客”の野田さんとは大きな違い。ただ、石破さんは枯れていなかったのです」(前同)

 現在、21名からなる石破派を率い、決起のタイミングを計っているという石破氏。「小池さんが都知事選に出馬する前に石破さんと密談を繰り返していたのは、永田町では誰もが知る話で、官邸サイドの逆鱗に触れています。石破さんは小池さんの参謀に、子分である鴨下一郎元環境相を派遣していますからね。小池の乱は“石破の乱”と読み解くこともできるのですよ」(同)

 安倍首相に対し反旗を翻す結果となった石破氏は、今回の改造でも「地方創生相留任で“飼い殺し”」(同)という。ここらからは重要閣僚のポストを見ていこう。「菅義偉官房長官と麻生太郎財務相は留任でしょう。2人は政策面でぶつかることがありますが、その“反目のバランス”の上に安倍政権は成り立っているからです」(ジャーナリストの安積明子氏)

 安倍首相は、どちらかを外すと、もう一方の力がいびつに大きくなることを恐れているのだとか。両者は、いわば安倍政権の“飛車角”に当たるわけだ。ただ麻生氏は、「最近、外国に行くのは疲れるんだよな」と周囲にこぼすようになっているというから、本人は党務に専念したい気持ちがあるのかもしれない。

 大規模な“人事異動”はないと予想される今回の改造にあって、“台風の目”となりそうなのが、岸田文雄外相だという。外相歴は長く、首相の信任も厚いため留任が既定路線のはずだが、彼は“宏池会(岸田派)のプリンス”。自身に異心がなくとも、派閥の突き上げがあるようだ。

「宏池会の面々は、岸田さんを幹事長にしたいのです。安倍首相は党内ハト派で改憲にも慎重な姿勢を見せる宏池会を冷遇してきましたが、岸田さんは従順に内閣に仕えている。派閥にしてみれば、そろそろ自分たちにも“春”が来てもよいはずと考えているわけです」(前出のデスク)

 岸田氏が党幹事長になった場合、空いた外相のポストを狙っているのが、前出の茂木氏(衆=額賀派)だというから滑稽である。「オバマ大統領の広島訪問を成功させたし、年末にはプーチン大統領との北方領土交渉が控えているため、岸田さんは外相留任が濃厚。ただ、万が一、幹事長に抜擢された場合は、安倍首相は稲田さんを後任にあてたい意向のようです」(前同)

 岸田氏が宏池会のプリンスなら、“自民党のプリンス”こと小泉進次郎氏(衆=無派閥)はどうか。「毎回入閣の噂がありますが、今回も打診があっても固辞するでしょう。ただ、党の農林部会長であるため、農水副大臣なら受けるといわれています。一部では復興相就任とも報じられていますが、実際にはそんな話は聞こえてこない」(同)

 参院選で激戦の神奈川選挙区を勝ち上がった三原じゅん子氏(参=無派閥)にも、入閣の噂がある。「実は、参院選で三原さんをサポートしていたのは首相の覚えめでたい丸川珠代環境相でした。首相としては、先に丸川さんを官房副長官などのポストに据えたい意向のため、三原さんの入閣は見送られると思います」(前出の党関係者)

 最後に党人事だが、二階総務会長、高村正彦副総裁の留任は決定的。幹事長は岸田案が一部で浮上しているが、谷垣禎一氏の留任が現実路線。心配なのは自転車で転倒して脊椎を痛め、入院中の体調面だが……。政調会長は、引っ張りだこの稲田氏の入閣があれば後任が決まる。茂木選対委員長は先にも触れたように都知事選の結果次第といったところか。「メディアは参院選で安倍政権が改憲勢力を確保したと報じていますが、党内には“勝ち方がよくなかった”という意見も多々あります。TPP、原発、沖縄など政策課題がある一人区は全敗だったからです。今回の改造も、その実は慎重に行われるのではないでしょうか」(政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏) 当選3回以上の入閣待望組が約70人いる自民党。安倍首相のお手並み拝見といったところか。

安倍首相「大物はどのイスに!?」“8月内閣改造リスト”スッパ抜き!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.