日刊大衆TOP 芸能

ローラ・土屋太鳳・綾瀬はるか、美女が抱える「コンプレックス」とは!?

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

ローラ・土屋太鳳・綾瀬はるか、美女が抱える「コンプレックス」とは!?

 芸能界には誰もが羨む美女たちが存在するが、実はパーフェクトに見える彼女たちにも根深いコンプレックスがあるのだという。

 女優の綾瀬はるか(31)と長澤まさみ(29)は、ともに“お尻”がコンプレックス。綾瀬は自身の主演映画『映画 ホタルノヒカリ』のプレミア試写会に出席した際、「(太ると)お尻が大きいとかさんざん言われるんですよ」とお尻を隠しながら発言。長澤は映画『モテキ』の記者会見で「脚“が”きれいですね、って言われるんです。そこだけ褒められるのは、なんだかショック…」と発言した。大根仁監督(47)から「まさみちゃん、お尻は平べったいもんね」と突っ込まれると「そう、そこがコンプレックスなんです」と顔をしかめた。

 また、人気急上昇中の女優、土屋太鳳(21)もたくさんコンプレックスがあるといい、ウェブサイトのインタビューで「私はすごく背が高いわけではないし、スタイルがいいわけでもないし、飛び抜けてお芝居がうまいわけでもないので、『なんでできないんだろう』っていろんなコンプレックスがあるんです。学生生活では、周りと比べてしまうことがあると思います。それは撮影現場でも一緒で同世代のコたちがたくさんいて、みんなお芝居がうまくてかわいくてどうしようって……」と語っている。土屋ほどの売れっ子になっても、謙虚な姿勢を崩さないのがすごい。

 売れっ子といえば、テレビで見ない日はないと言っても過言ではないモデルの藤田ニコル(18)も、コンプレックスについて語っている。『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)にて自身のバストに自信がないことを告白しているのだ。藤田は番組内で「にこるんの モデルの悩み 胸たれるん」という川柳を詠んで「胸が尋常じゃなく、たれてるんですよ」と語っている。

 そして、スタイルも顔もパーフェクトに見えるローラ(26)にすらコンプレックスがあるというから驚きだ。ローラが意外なコンプレックスを語ったのは『マツコの知らない世界』(TBS系)に出演したとき。「やっぱり背が小っちゃいから、ヒールをいつもはいたりとか。毎日考えるくらいコンプレックス」と話した。しかし、それゆえにスタイルがよく見えるコーディネートを真剣に考えているとのことで「背が低いと合わないファッションも出てくるの。でもネガティブに考えるのやめようって思って。背が高く見えるようなファッションをしたり。コンプレックスがあるほうが強くなれると思う」と発言していた。

「いま、芸人の渡辺直美(29)が大ブレイクしていることからも分かる通り、欠点のないパーフェクトなタレントより、多少欠点があるほうが女性からの支持は明らかに増えます。あえてコンプレックスをさらけ出すのは、アリだと思いますよ」(芸能プロダクション関係者)

 これらの発言を見ていると、美女タレントも普通の女の子。なんとなく親近感を覚え、ますます好きになってしまうのではないだろうか。

ローラ・土屋太鳳・綾瀬はるか、美女が抱える「コンプレックス」とは!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.