日刊大衆TOP 娯楽

パチンコホール店長が恨み節?「お客に有利すぎる台」とは【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第38回 店長、真っ青!?「甘すぎる機種」を狙え!!

 コールボタンを押して店員さんを呼び出すのは少々気が引けるので、いつも近くを通りかかるまで待ちます。ちょうど店長っぽい白服店員の姿が見えたので、手を挙げて呼んでみたら、これが空き台を探していたサラリーマン客。とっさに頭をかくフリしてごまかす……ポンコツパチプロのアンドレです。

 誰でも行きつけのパチンコホールはあると思います。そこで店員さんと仲良くなっておく、というのも一つのパチンコ攻略法です。愚痴や文句をぶつけるだけではウザがられる可能性がありますが、ひと言でもふた言でも話せるようになると、意外なオトク情報を得られたりします。

「来週の新台入替で○○を入れますよ」とか「今度の○○デーは本気を出すと部長が言ってました」とか。社交辞令だったり、誰にでも教えるレベルの話もありますが、こちらも時間をかけて愛想よく接していれば、そのうちかなりの確率で本音を聞き出せます。特に相手が店長クラスの偉い人だと、いい加減なことは言いません。信用度は高いです。

 役職者になるほど、めったに店には出てきませんが、曜日や時間帯を把握しておけば意外に会える機会はあります。それっぽい人を見かけたらさりげなく話しかけてみます。「出る台を教えて!」なんて直球は逆効果ですが、ライバル店の動向やメーカーに関する話題であれば、意外なほど本音を漏らしてくれるのです。

 特に今年は「撤去機種問題」があったり、パチンコ台の性能の規則が段階的に変わったり、目まぐるしい変化がありました。これに我々、客以上に振り回されたのがパチンコ店で、結構なストレスが溜まっているらしいです。高い金を払って大量導入した台なのに客がつかず大損したとか、ある台を見限って撤去したとたんにジワジワ人気が上がって後悔したとか。

 そんな中、かなり経験豊富な店長さんと話し込んだときに、「今年最も印象に残った機種」を質問してみました。すると「SANKYOの機種が、どれも利益を出せなくて困った」とこぼしたのです。人気や客つきの面ではなく、甘すぎて(=あまり店側に儲けが出ず)赤字が止まらなかったらしい。つまり、そのSANKYOの機種は、もともとが客が勝ちやすい性能になっているため、店としては扱いづらいということ。しかも、それが3機種もあるそうです。

 その「甘すぎる3機種」をここでご紹介しましょう。

 まずは、このコラムでも取り上げたことがある『CRF.夢福神』の甘デジ版です。

夢福神
CRF.夢福神(SANKYO)
◆大当たり確率:1/99.1
→確変(ST)時:1/19.6
◆ST突入率:約100%(15回転)
◆ST連チャン率:約54%
(C)SANKYO

 大当たり確率は約99分の1。甘デジゆえに爆発力こそ地味なものの、ヘソの賞球が5個なので投資ペースがおだやか。展開の安定感が群を抜いているので、時間をかけて丁寧に打つだけで勝率は抜群でした。ホール側からすると赤字を垂れ流す毎日だったので、すぐさま売却したそうです。

 続いては『CRF.機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-』。大当たり確率が約319分の1のミドルスペックのタイプです。

機動戦士ガンダム
CRF.機動戦士ガンダム-LAST SHOOTING-
(SANKYO)
◆大当たり確率:1/319.7
→確変(ST)時:1/56.9
◆ST突入率:約51%(100回転)
◆ST連チャン率:約83%
(C)創通・サンライズ

 ひとたびST(回数制限の確変)に入れば連チャン率は約83%と爆発力があるのに、『夢福神』と同じくヘソの賞球は5個。店からすれば、回収ペースは遅いのに出玉が多すぎるので、バランスが取れない。釘をシメれば全然回らず、少しでも釘をアケると出血大サービス……。店長は、胃の痛い日々が続いたらしいです。

 そして最後は『CRF.宇宙戦艦ヤマトYR』。大当たり確率が約77分の1の甘デジバージョンです。

宇宙戦艦ヤマト
CRF.宇宙戦艦ヤマト(SANKYO)
◆大当たり確率:1/77.1
→確変(ST)時:1/41.1
◆ST突入率:約50%(50回転)
◆ST連チャン率:70.8%
(C)東北新社

 チョイ前の機種なので、ヘソ賞球こそ1個とキツめですが、破格の大当たり確率と連チャン性能、そして15ラウンド大当たりの割合の高さから、出玉ポテンシャルはこの3機種の中でもダントツ。時間をかけての粘り勝負でも、短時間の一発逆転狙い勝負でもこなせる超優秀マシンです。

 この3機種では、ホールはなかなか儲けを出せずに、頭を抱えていたのです。つまり、これらは他の機種より客が勝ちやすい要素を備えているということ。どの機種も設置店は減りつつありますが、バラエティコーナーにポツンと置かれているケースもよくあり、赤字は覚悟で店が残している可能性があります。

 さらに狙い目なのは「中古新装」です。初日から回収傾向が強い「新台入替」に比べて、「中古台の入替」というだけでガードは甘くなりがちです。ちょっと良く回るだけで勝率はグンと跳ね上がるので、覚えておいて損はありません。特にこの年末から年始にかけては、ホールの大小を問わず入替ラッシュがありますので、チャンスはおおいにアリ!

 地味な「新装開店」にはお宝台が潜んでいるかも!?

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

パチンコホール店長が恨み節?「お客に有利すぎる台」とは【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.