日刊大衆TOP 芸能

松本人志から広瀬すずまで…芸能界「絶対共演NGリスト」最新版!

[週刊大衆2017年01月30日号]

松本人志から広瀬すずまで…芸能界「絶対共演NGリスト」最新版!

 ケンカ、スキャンダル、不義理……理由は星の数あれど“混ぜるなキケン!”の激ヤバ関係を大暴露公開!

 キャスティング時の超重要資料としてテレビ局関係者に伝わる「絶対共演NGリスト」。本誌が極秘入手したタブーだらけの資料を基に、“泣く子が息を止める”芸能界犬猿の仲を大暴露!

「よく言われていますが、皆さん、大人ですからね。現場では、共演NGリストなど、まるでないように対応していますよ」 芸能レポーターの石川敏男氏はこう話すが、やはり脈々と語り継がれているリストは存在するという。

「芸能界を辞めるか。鉄パイプの椅子で殴られるか。土下座するか。選べや」 約20年前、爆笑問題の太田光(51)が自身のコラムで、ダウンタウンの松本人志(53)を「アディダスの広告塔」と揶揄したことで激怒した松本が、後日、太田を楽屋に呼びつけ、そう言い放った。太田は泣きながら謝罪を選択した――。

 芸人にこの話を振ると誰もが凍りつくといわれる、業界で最も有名な“共演NG”の両者。「以来、共演はもちろんなく、それぞれ自分のラジオ番組で名前が出ただけでも顔をしかめ、閉口するほどでした」(芸能ライター)

 しかし、時を経て現在。2014年3月31日放送の『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のグランドフィナーレで共演を解禁したのを皮切りに、雪解けの兆しが見られているのだ。「『いいとも』の際、CM中に太田が松本に“いろいろ、どうもすみません”と話すと、松本は“おお”と太田の肩を叩いたことを、後日、松村邦洋がラジオで明かしました」(放送作家)

 さらに16年11月の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)には、太田の妻・太田光代氏が登場。爆笑問題の漫才シーンがVTRで流れた他、松本が「彼(太田)は~」と語る場面もあった。

「今年末のM-1の審査員に太田を推す声も強くなっています。光代氏も“まず両者が向き合って、番組で共演したほうが面白いものができるのでは”と具体的な共演話もしています。とはいえ、テレビ局サイドが実現に向けて動くかというと……」(前同)

 そんな松本が頑なに共演NGを突きつけるのが、中山秀征(49)だという。

次ページ >> ダウンタウン・松本人志の“共演NG”は…

松本人志から広瀬すずまで…芸能界「絶対共演NGリスト」最新版!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.