日刊大衆TOP 芸能

巨人V奪還のカギを握る「移籍左腕」 【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

[週刊大衆2017年03月13日号]

バナー

 先発ピッチャーにとって、規定投球回数に達した上での勝率10割は究極の夢だろう。

 28試合に登板し、24勝0敗、防御率1.27。現在はヤンキースで活躍する田中将大が、東北楽天での最後のシーズンとなった2013年に残した成績だ。これを上回る成績を残すピッチャーはしばらく現れないだろう。

 田中の前に前述の条件をクリアした選手と言えば、日本ハムの間柴茂有が思い出される。1981年に15勝0敗、防御率3.46の好成績で最高勝率投手に輝いた。大洋時代には、どこにでもいる凡庸なサウスポーだった間柴が、なぜ日本ハムに移籍してから化けたのか。それは“まっスラ”と呼ばれるオンリーワンの武器に磨きをかけたからだ。

 まっスラとは、真っすぐとスライダーをかけ合わせた造語。変化の仕方は今でいうカットボールに近い。バッターは真っすぐのタイミングで待つ。「来た!」と判断してスイングに移行した瞬間、ボールひとつ、いや半分ほど食い込んでくるのだ。調子のいい日には、この“魔球”で右打者からおもしろいようにゴロの山を築いた。

 聞くところによると間柴は大洋時代からまっスラを投げていたらしい。だが、まだ完成度は低く、日本ハムに移籍してから精度を上げた。パ・リーグのバッターには馴じみのないボールだったことも幸いした。

 昨オフ、日本ハムから巨人に移籍した吉川光夫には“間柴2世”の趣がある。2012年には14勝5敗、防御率1.71の好成績で最優秀防御率投手に輝いたことのある実力派だ。だが制球に難があり安定感を欠いていた。

 吉川にも独自の武器がある。落差のあるパワーカーブだ。「球が走っている日は、このボールが生きてくる。緩急を付けられると対応ができない」と、あるパ・リーグの主力打者は語っていた。昔と違って交流戦があるとはいえ、間柴のまっスラ同様、セ・リーグのバッターは手こずるのではないか。実績のある左腕だけに、他球団は要注意である。

二宮 清純 (にのみや せいじゅん)
スポーツジャーナリスト。(株)スポーツコミュニケーションズ代表取締役。1960年、愛媛県生まれ。スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーのスポーツジャーナリストとして独立。オリンピック、サッカーW杯、メジャーリーグ、ボクシング世界戦など国内外で幅広い取材活動を展開中。「スポーツ名勝負物語」「勝者の思考法」「プロ野球“衝撃の昭和史”」「最強の広島カープ論」「広島カープ 最強のベストナイン」など著書多数。スポーツ情報サイト「SPORTS COMMUNICATIONS」:http://www.ninomiyasports.com/

巨人V奪還のカギを握る「移籍左腕」 【二宮清純の「スポーツ一刀両断」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.