日刊大衆TOP 芸能

鈴木たろう(プロ雀士)「勝つコツは、いかに攻められるかだと思うんです」放銃を恐れぬ人間力

[週刊大衆2017年04月17日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

鈴木たろう(プロ雀士)「勝つコツは、いかに攻められるかだと思うんです」放銃を恐れぬ人間力

 子どもの頃にプロ野球選手になりたいと漠然とありましたけど、特に夢があるわけではなく、なんとなく大学に行って、なんとなく就職していくのかなと思っていました。ただ、大学時代に麻雀にハマってしまって学校にも行かず、単位も取れていなかったんですよね。そのまま、雀荘でバイトして、好きな麻雀やって生活していけるならと思っていたら、知り合いがちょうどプロの新団体を立ち上げるって時だったんです。それで、試験も受けず、気がついたらプロ雀士になっていました。

 でも、当初は麻雀にプロなんてあるわけないじゃんって思っていたんです。プロって絶対的な強さを持っているから、プロだと思っていたので、運に左右される部分が大きい麻雀で成立するわけがないって。

 正直にいうと、いまだにプロとは違うんじゃないかって思ったりします。将棋や囲碁なんかは、プロとアマチュアの間に絶対的な壁があるじゃないですか。でも、僕は一般の方でも強い方と卓を囲んだら、負けることもありますから。長く打てば、それなりの結果は出せるっていう自信はありますけどね。だから、人前に出て、麻雀の魅力を広めていくっていう部分や、麻雀の知識の深さ、アベレージでは勝てる。そういう面でプロって思ってもらえればいいのかなとは思っています。

 だいたい、麻雀だけで食ってる人なんて、ほとんどいませんから。大きい大会で優勝すると、300万円くらいの賞金がもらえたりしますけど、毎回勝てるわけでもないですしね。会社勤めしながらや、自分で雀荘を経営していたり、ほかの収入源をベースに、プロ雀士をやっている方が大半ですね。僕も、今日の衣装がそうなんですが、麻雀の衣装を作って売ることを考えています。

 ただ、麻雀って社会的な壁を簡単に越えられるんですよ。社会的な立場のある方とでも、麻雀を通して親しくなれるんです。それは非常に、ありがたいことですね。

 麻雀は人生の縮図だなんて言われますが、そう感じる時がありますね。麻雀には、“流れ”って言葉がありますが、確かに僕も感じることはあるし、それを信じてやってみるんです。でも、それを意識したところで、どうしようもない。人間ごときが大いなる力に抵抗しようとしても、転がされるだけだと。そこは、謙虚に今まで身に付けた技術で、できることをやるしかないと思うんです。

 人生だって、流れが来ているからって調子乗っていたら、思わぬところで躓いたりすると思うんです。だから、今の状況を冷静に分析して、リスクとリターンを考えて、論理的な思考で選択する。

 まあ、僕は放銃なんてしょっちゅうで、“また、やっちゃった”の繰り返しですけどね(笑)。理不尽な負け方をすることも、多々あるし、もう負けることに慣れました。

 ただ、声を大にして言いたいのは、放銃の失点は、目に見えて失点ですが、放銃するような牌を切っていくことで得している部分もあるってこと。きっとこれは、人生でも同じなのかと思うんですが、リスクを取って自分の手を仕上げなければ、アガれない。アガれないと勝てないわけですから。最近は、いかに放銃しないかに腐心する方が多いですが、守りはあくまで補助的なものでしかなくて、勝つコツはいかに攻められるかだと思うんです。

 最近出した『迷わず強くなる麻雀』も、その考えに基づいた教則本なんですが、攻め方を知っているからこそ、オリることができるんです。そもそも、放銃を恐れて、攻められないような性格だったら、プロ雀士になんてなってなかったと思います(笑)。ただ、ズケズケ行く性格だから、よく先輩なんかに目をつけられて、たたかれたりしますけどね。

 でも、放銃という失敗を恐れていては勝てませんから。最近は世界大会などに出させてもらえるようになってきたんですが、世界でも攻めの麻雀で戦っていきたいですね。

撮影/弦巻 勝

鈴木・たろう すずき・たろう
1973年、茨城県生まれ。日本プロ麻雀棋士会に所属したのち、05年に日本プロ麻雀協会へ移籍。09年に同協会の最高峰のタイトルである第9期雀王のタイトルを獲得。その後、第11、12、13期と前人未到の雀王3連覇を達成。15年には世界最大級の麻雀大会『ワールドシリーズオブ麻雀』にて準優勝を果たす。ほか、数々のタイトルを獲得した経歴を持つ。近年は『NMB48須藤凛々花の麻雀ガチバトル!りりぽんのトップ目とったんで!』(TBSチャンネル1)の講師として出演するなど、活躍の場を広げている。

鈴木たろう(プロ雀士)「勝つコツは、いかに攻められるかだと思うんです」放銃を恐れぬ人間力

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.