日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ3時間で10万勝ち!?「新基準機は出ない」のウソ【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第55回 新基準機のウマイ話

 やっぱりパチンコは勝ってナンボ!? 前回の『水戸黄門III』での快勝エピソードが、なんとこの連載史上ナンバーワンのアクセスをいただいたそうです。たくさんの方にコラムを読んでもらえてうれしい反面、勝った話より悲惨な負け話のほうが酒が進む私としては、かなりビックリな出来事でした。でも、爆発力がないといわれる「新基準機」でも、意外と大きく勝てることはあるんですよ。

 新基準機というのは、確変継続率が65%以下に規制されたパチンコ機種のことで、今のホールに置かれている台のほとんどを占めています。

 その新基準機の一つで、『戦国乙女~花~』(平和)という機種はご存知でしょうか? 熱狂的なファンを持つ、萌え系パチンコ『戦国乙女』シリーズの第4弾です。萌え系の台にはまったく興味のない私ですが、『乙女』だけは別! ……とは言っても、前作『戦国乙女~乱~』でハマったばかりの、乙女ファンの中ではビギナー中のビギナーなんですけどね。乙女ファンってホントーに濃いですから(笑)。

 そんな私ですが、『戦国乙女~花~』ではオイシイ経験をさせてもらったことがあります。それは新装3日目のこと。パチンコ漫画雑誌用の実戦取材で、漫画家のカワサキカオリ先生、担当編集さん、私の3人が、最近お買い物をしたときの支払額分の勝利を目指すという企画でした。

 その日、私は同じく新装3日目だった『GANTZ』(OK!!)を狙っていたんです。しかし、残念ながら満席で確保できず。台数が多く導入されていた『戦国乙女~花~』に空き台が出たので、そちらを打つことに。

 すると、100回転ほど回したところで、弱リーチハズレから突然確変をゲット! そしてなんとその後、時短引き戻しを2回含む11連チャンをサックリ達成しちゃったんです!

 今回の『戦国乙女~花~』は、右打ち中の約50%が16ラウンド大当たり(約1600発)となるのが最大の魅力です。しかも、すべての大当たりに時短100回転がつくので、引き戻しでの大当たりも考慮すれば、その爆発力はなかなかのモノ。

 ちなみにこの11連チャン中、16ラウンド大当たりは、ほぼ確率通りで5回。この時点で優に1万発は超えていたんですが、なんと連チャン終了直後にまたまた突然確変をゲット! さらにそれが9連チャンまで伸び、今度はそのうち6回が16ラウンド大当たり。振り分けにも恵まれた形で、またまた1万発オーバーの出玉を獲得できました。結果、この2回の連チャンのおかげで、ものの3時間弱の間に2万5千発も出ちゃったんです。額にすれば10万円弱の大勝利!

 MAX機があった頃に比べると、ホールで一撃大連チャンを見かける機会は減りました。しかしその代わり、今の「新基準機」は大当たり確率が甘くなっているので、連チャンが抜けたと思ったらまた当たる……といったパターンで大勝ちすることが多くなったように思います。

 確変継続率が65%以下の新基準機でも、10連チャンくらいならそこそこ見かけますしね。大当たりの軽さと大当たりラウンド数の振り分けが噛み合えば、新基準機でも大勝ちはできるなと、『戦国乙女~花~』の実戦で確信しましたね。

 そして、新基準機での大勝ちとなれば、触れないわけにはいかないのが、皆さんご存知『真・北斗無双』(Sammy)でゴザイマス。

 現在ホールで稼働している台の中で、一番出る台は何かとアンケートをとったら、この機種がダントツのトップでしょうね。ST(回転数制限の確変)継続率が80%、しかも連チャン中の大当たりは2分の1で約2400発と、一撃大量出玉が見込める機種なので、今の新基準機に含めてしまうのは少し抵抗があるくらいです。

 それほど『真・北斗無双』の出玉力はすさまじく、パチンコ実戦番組の出玉バトル企画では、どちらか一方が大差をつけられる展開になると、必ずといって良いほど『真・北斗無双』で逆転を狙いますからね。それほど、圧倒的な出玉を狙うなら、本機が一番なのです。

 もちろん私も、バトル形式の番組で何度か『真・北斗無双』を実戦しています。正直、この台くらいの出玉力なら、本当は朝から打ちたいところ。でも、バトル形式の番組とはいえ“パチンコバラエティ”ですからね。新しかったり珍しかったり、できるだけいろいろな機種を打ってお見せしたいなと、パチンコライターとしては思うわけです。

 しかも『真・北斗無双』って、出玉力が圧倒的すぎるから、「ちょっと反則なんじゃないか……」とも思っちゃうほどなんですよね。だから、私は極力避けるようにしています。ホントはノドから手が出るほど打ちたいんですけど(涙)。

 そんな私が、なりふり構わず、朝から『真・北斗無双』に座ったことがありました。それは、あるCS番組の収録でのこと。

 女子二人のチームが4組でリーグ戦を戦う、パチンコバトル番組に出演していたのですが、最下位タッグへの罰ゲームがなんと、日本一の高さを誇る「竜神バンジー」だったんです! 

 私は高いところも落下もダメダメ。絶叫マシンは「ビッグサンダーマウンテン」が限界の、超絶ビビリ野郎……。いや~、バンジーが罰ゲームになるなんて知っていたら、絶対に出演オファーは受けなかったですもん。そんなバトルの最終戦を前に、私たちのタッグは最下位だったんですよ(涙)。絶対に勝たなきゃいけない最終戦、私がチョイスした台は、もちろん『真・北斗無双』でした。

 その日は初当たりが軽く、しかも連チャンは10連近くまで伸び、サックリ1万発弱の出玉をゲット。しかし、相手チームの一人が、前述の『戦国乙女~花~』そして『豊丸とソフトオンデマンドの最新作』(豊丸)と新基準機を渡り歩いて、なんと3万発もの出玉を獲得しちゃったんです。軽い初当たりとそこそこの連チャンという、まさに新基準機での王道の出し方で、大量リードを許してしまいました(涙)。

 しかし、こちとら爆発力ナンバーワンの『真・北斗無双』を打っているわけですからね。その後負けじと、軽い初当たり&そこそこの連チャンというまったく同じ展開で、こちらも3万発を叩き出してやりました! 最終結果は僅差の勝利! 無事にバンジージャンプは回避することができました。

 最近は3万発なんてかなり珍しいことなのに、それが同じ収録の番組で二人も出るなんて、番組を観ている方には楽しい展開だったと思います。でも、こちらは全然生きた心地がしませんでしたね。「森本さん、めっちゃ玉出てる人の顔じゃないですよ」って、スタッフさんに笑われましたもん(笑)。

 この収録では、中くらいの連チャンを刻む展開で大勝ちしましたが、『真・北斗無双』は、現在ホールにある台の中では、ほぼ唯一と言ってもよいほど、MAX機並みの大連チャンが期待できる機種。後輩のパチンコライターが、一撃7万発を叩き出したこともあるくらいですしね~。やっぱり『真・北斗無双』の出玉力は、孤高の存在だと思います。

 結局、今回も大勝ち話になってしまいましたが、もちろん私も勝ってばかりじゃありません。先日、『弾球黙示録カイジ沼3』(TAKAO)を打ったときは、一度も確変を引くことができず、5万近くヤられました(悲)。ただ、何度も何度も打っていれば、新基準機でも大勝ちに遭遇することはできるはず。「まだ勝てていない……」なんて嘆いている方も、諦めないで挑戦し続けてみてくださいね!

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

パチンコ3時間で10万勝ち!?「新基準機は出ない」のウソ【森本レオ子の「ぱちんこ堅勝ゼミナール」】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.