日刊大衆TOP 娯楽

【G1オークス】桜花賞の4枠にカシという名の予告篇「井崎脩五郎 競馬新理論」

[週刊大衆2017年05月29日号]

 今年は、桜花賞の出馬表に、オークス激走枠の予告が出ていた。桜花賞の4枠に、この2頭が入っていたのだ。()で囲った部分をご覧になっていただきたい。

4枠(シ)ョーウェイ
4枠(カ)ラクレナイ
 なんと、4枠両馬の頭文字が、つなげると「カシ」になっていたのである。

 オークス(OAKS)はしばしば、オーク(OAK=樫)にちなんで樫の女王決定戦と呼ばれるが、そのカシのふた文字が、4枠に刻まれていたのである。これはどう見ても、オークスで4枠が激走するという予告だよなあ。

 じつは、現行の8枠連複の部分的採用が決定したのは、1963年4月1日のことで、なんと桜花賞の翌日。だから、桜花賞の8枠連複は1964年が始まりなのだが、その8枠制の桜花賞で、2頭が入った枠の頭文字が「カシ」だったことが、今年より前に一度だけある。1996年の桜花賞、その1枠である。

1枠(シ)ーズアチャンス
1枠(カ)ネトシシェーバー
 そして、この枠組は予告の意味を果たし、この年のオークスで1枠に入った4番人気のファイトガリバー(桜花賞馬にもかかわらず低評価)は、本命馬エアグルーヴの2着に突っ込んで来た。

 この前例にならい、今年のオークスも、「4枠特注」と言っていいと思う。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【G1オークス】桜花賞の4枠にカシという名の予告篇「井崎脩五郎 競馬新理論」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.