日刊大衆TOP 娯楽

将棋の加藤一二三・九段も好きな「チーズ」のサインは女性馬主「井崎脩五郎 競馬新理論」

[週刊大衆2017年07月31日号]

 将棋の加藤一二三・九段の引退に際し、さまざまなエピソードが紹介されたが、なかでも異色だったのが「チーズ」。対局中に、箱ごと持ち込んだチーズをむしゃむしゃと食べていたというのだ。脳の活性化に必須ということなのかもなあ。じつは昨年来、出馬表にチーズというサインが出たことが2度ある。

<2016年11月5日東京2R>
14番 ウインエアリー“ズ”
15番 ゴールドコーナ“ー”
16番 バガー“チ”

<2017年5月21日新潟9R>
3番 デストリーライ“ズ”
4番 オカホンコ“ー”
5番 フォースリッ“チ”

 最初のチーズのとき、どんな結果が出るのだろうと注目していたら、16頭の出走馬のなかにたった1頭だけいた女性オーナーの馬が、三角ブービーの位置から3着に追い込んできた。出遅れていなければ、勝っていたのではないかと思われる末脚だった。

 そこで、後者のレースでは、女性オーナーの馬はいないかと真っ先に探した。そうしたら、15頭の出走馬のなかに、またもやたった1頭だけいたのである。関西馬のドルチェリア。久々のうえに体重が18キロ減っていて心配だったが、複勝を買って見ていたら、逃げて3着に粘ってくれた。新理論はチーズ=女性オーナーだ。

■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

将棋の加藤一二三・九段も好きな「チーズ」のサインは女性馬主「井崎脩五郎 競馬新理論」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.