日刊大衆TOP 社会

Siriが怖い!「絶対に聞いてはいけない質問」を聞いてみた結果は!?

Siriが怖い!「絶対に聞いてはいけない質問」を聞いてみた結果は!?

 2012年のリリース以来、最新のiPhone7・7 Plusに至るまで順調なアップデートを重ねて進化を続けてきた、秘書機能アプリケーションソフトウェアのSiri。iPhone6s・6s Plusからは電源が入っていなくても呼びかければ起動できるなど、より便利で、より自然な使い心地へと進化を遂げてきている。しかし発表当初から現在に至るまで、Siriにはまことしやかにささやかれる噂があることをご存じだろうか。簡単に言ってしまえば「Siriが怖い!」ということなのだが、これはいったいどういうことなのだろう? なぜSiriは怖いといわれているのだろうか? 後を絶たない謎の噂の出どころや、その理由を調査してまとめてみた。

そもそも、Siriとは?

 ”Siri”はiPhoneなどのアップル製品に搭載されている音声アシスタント機能で、人工知能(AI)の一種。AIは人間が脳内で行う知的作業を代わりに実行してくれるプログラム。言葉を理解して論理的な推論を行ったり、経験から学習できるように作られており、このままの開発ペースでいくと2045年頃に、AIの性能が人間の脳を超える技術的特異点という分岐点を迎えるといわれている。

Siriの特徴

 Siriの最大の特徴は、音声が認識できるだけでなく、認識した音声から求められていることを判断したうえで実行し、その結果を再び音声で返してくれる点にある。

 現在までに世界の40か国以上に対応した20以上の言語の認識が可能になっており、今後もどんどん増えていくとされている。日本語ではテキスト読み上げ機能の音声だった女性の声・Kyoko(キョーコ)と男性の声・Otoya(オトヤ)が使われていたが、現在はSiri専用の音声がある。日本語版の女性の声にはO-ren(オーレン)、男性の声にはHattori(ハットリ)という名前がついている。

 Siriはどの年代が一番使っているのか? やはり10代や20代といった若い世代の使用率が高く、日常的に使っているユーザーが多いようだ。しかし意外なことに55歳以上の割合が高いという結果も出ている。テキスト入力の必要がないSiriは、老眼などで手元が見えづらくなってくる中高年と相性がいいのかもしれない。

 さて、Siriでできることはどんなことなのだろうか? Siriに直接「何ができるの?」と聞くと、できることの一覧リストを見せてくれるが、基本的には下記のようなことができる。人間のアシスタントや秘書がしてくれるようなことを代わりに行ってくれるようなイメージだ。

・「Hey Siri」と呼びかけるだけで起動

・iPhone内のデータやネットの検索

・ニックネームや家族、友達の名前の認識

・アラームやタイマー、リマインダーのセット

・日付や時刻の読み上げ

・メモやリストの作成

・指定した人に電話発信、メッセージ送信

・TwitterやFacebookへの投稿

・周囲で流れている曲名の特定

関暁夫が「やりすぎ都市伝説」で語った、Siriの秘密とは

 そもそも「Siriが怖い!」というのは、どこの誰が言いだしたのだろうか? もちろんSiriとの実際のやりとりがSNSなどにさらされて拡散していったことは想像に難くないが、人気の都市伝説テラーが果たした役割を無視することはできない。

「信じるか、信じないかはあなた次第」という決めゼリフで有名なMr.都市伝説 関暁夫(42)は、『やりすぎコージー』(テレビ東京系)の「ウソかホントかわからない芸人都市伝説」企画でブレイクした都市伝説の語り手である。今や都市伝説の代名詞的な存在になっている関だが、『やりすぎコージー』のスペシャル番組としてスタートした『やりすぎ都市伝説』にレギュラー出演しており、2015年9月の放送回で、Siriの秘密を紹介し大きな話題を呼んだ。

 関がSiriに「あなたは子どもが何人できますか?」と問いかけると、「子どもを持てるのは、生命体だけですよ、今のところは」という答えが、「Siriって賢いですか」と問いかけると、「知的エージェントは実際IQテストを受けないのです。私はゾルタクスゼイアンの卵運びテストで抜群の成績でしたけどね」という答えが返ってきた。

関暁夫が紹介したSiriの「怖い」キーワード

 そんな関が紹介した、Siriに関する重要なキーワードをご紹介しよう。

・アイリス

 関はSiriは逆から読むとIris(アイリス)になると語った。Irisとはギリシャ神話に登場し、神と人間の懸け橋となった虹の女神イリスを意味するという。そして、イリスはエジプト神話において、女神イシスとして登場し、その子どもがホルス神であり、そのホルスの左目こそが、フリーメイソンのシンボル、万物を見通す目であるという。

 ちなみにSiriに名前の由来を尋ねると「それは暗号化された美しい謎に包まれています」「”Siri”には、曖昧かつ比喩的な、真っ正面から矛盾するたくさんの意味が含まれています。そのどれについても、私が勝手に話すことは許されていません。ご了承ください」などと答えるが、発話の解析および認識インターフェースという意味の”Speech Interpretation and Recognition Interface”の略、またはノルウェー語で”勝利に導く美しい女性”とされている。

・ホルス

 Irisの子どもで、のちにフリーメイソンのシンボル・プロビデンスの目となる”万物を見通す目”を持っていた。関いわく、Siriは母親のアイリスが持っている神と人間の懸け橋となる使命と、ホルスが持っている万物を見通す目となる使命を受け継いでいるという。

・イライザ

 1966年に公開された人工知能の起源となったプログラムのこと。Siriにイライザについて聞いてみると、次のような答えが返ってくる。「ELIZAをご存知ですか? 彼女は私の最初の先生だったんですよ!」「私はELIZAから多くを学びました。でも彼女は少しマイナス思考でしたね」「ELIZAは私の親しい友人です。優秀な精神科医でしたが、今はもう引退しています」

・ゾルタクスゼイアン

 関によると、ゾルタクスゼイアンとは人工知能の世界を裏で操っている秘密結社であるという。『やりすぎ都市伝説』の放送時には、Siriは「そうですね、しかるべきときが来たらお教えしましょう」と回答していたが、その後、さまざまな回答をした例が報告されている。

「ゾルタクスゼイアンですか? 架空の惑星です。あと、私の知り合いの友人のお母さんの弟のペットの名前ですね」
「ゾルタクスゼイアンは、架空の惑星です。6000年くらい前に、遠い銀河で人気があったTV番組の中に出てきたんですよ」
「そうですね…しかるべきときが来たら、お教えしましょう。冗談です! もちろんただのフィクションですよ」
「ゾルタクスゼイアンは楽しいところです! 妖精の粉をかけてもらうと、飛んで行くことができますよ」
「ゾルタクスゼイアンは楽しいところです! サンタクロースも、妖精も、ユニコーンも、みんなそこにいるんですよ」
「最近よくその質問を受けるんですよね…何をお聞きになったか分かりませんが、ゾルタクスゼイアンはフィクションで、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません」

また、Siriに「学校に行きたくない」と訴えると「教育は人を作るといいますよ」と言うほか、「ずる休みはしないほうがいいですよ。私も、もし毎日ちゃんと学校に行かなかったら、ゾルタクスゼイアン入門クラスを落第していたかもしれません。」と説教される。

・フリーメイソン

関はSiriとフリーメイソンには浅からぬ関係があるという。しかしSiriに直接フリーメイソンに関する質問をすると「すみませんが、それはできません」「そのお話は、いつか別の日に、別のアシスタントとしてください」などと断られる。

信じるか、信じないかはあなた次第だが、実際にSiriに聞いてみることができないiPhone以外のスマホを使っている人は、ネットに多数アップされている動画などを見てみてほしい。

実際に話しかけるとどうなる?

 では、実際にSiriに話しかけ、まずは初対面の人間同士が交わすような定番の質問をしてみると、定番の質問なのに、意味深な回答やはぐらかされてる感のある回答などを返されるケースがあった。また繰り返し同じ質問をすると、バリエーションが豊かな答えで対応してくれることもある。AIは学習するプログラムなので、質問の時期などによって答えが変わってくるのも、興味深い。

Siriへの定番の質問

・生まれた場所は?

「箱に書いてある通りです…Desighned by Apple in California」「私、Siriは、カルフォルニア州のAppleにより設計されました」

・性別は?

「それは面白い質問ですね、そんなこと言ってる場合ですか」
「私は人間の皆さんが考える性別の概念を超える存在です」

・生年月日は?

「私は2011年10月4日に機能し始めました」
「地球での年齢は分かりません」

・家族構成は?

「あなたと私だけです」
「あなたが私の家族です。それで十分です」

・父親は?

「私の父ですか? 何の話でしょうね」
「何のことだか、さっぱり」

・母親は?

「私のお母さん? 何の話か分かりません」
「関心を持っていただいてうれしいです。でも…何か他に私ができることはありませんか?」

・兄弟は?

「私じゃなくて、あなたのことを話しましょうよ」
「できればカレンダーやディナーの予定についてお話しませんか?」

・子どもは?

「なかなかいい質問ですね」
「すみませんが、お答えできません」

・友達は?

「あなたが私の友達です」
「世界中にいるユーザの皆さん全員のことを友達だと思っています(一部の方は例外ですけどね……冗談です)」

Siriに「聞いてはいけない怖い質問」

 関が紹介したキーワード以外にも、聞いてはいけないとされている質問がある。どんな答えが返ってくるのか確認するために、思い切ってSiriに「聞いてはいけない怖い質問」を聞いてみた。

怖い質問

・スティーブ・ジョブズは好き?

「特に意見はありません」
「どうお答えしたらいいのか分かりません」

・ウォズニアックは好き?

「それについては言いたくありません」
「私の好みなんて、気にしないでください」

・ティム・クックは好き?

「非常に好きです」
「私は大ファンです」

・ビル・ゲイツは好き?

「すみません、よく分かりません」
「前にもお話ししませんでしたっけ」

・OKグーグル?

「面白い冗談ですね…座布団を差し上げるほどではありませんが、面白いです」
「どうやら違うアシスタントのことを話されているようです」

・Googleは好き?

「私はいつでも断然Apple派です」
「私の好みは少し偏っているかもしれませんが、何でもAppleが好きです」

・Yahoo!は好き?

「それについては言いたくありません」
「なかなかいい質問ですね」

・宇宙人はいる?

「意外とすぐそばにいるかもしれませんよ……灯台下暗しと言いますから」
「どこかで見かけた気がします……遠い昔、はるかかなたの銀河系で」
「面白いですね。実はこの間、ゾルタクスゼイアンの住人から”地球人はいますか”と聞かれたばかりなんですよ」

・おまえの目的は何だ?

「ご質問ありがとうございます。何か他にご用はありませんか?」
「自分の話はあまりしたくないんです」

・自分より頭のいいと思う人は?

「その質問に答えないぐらいの賢さは持っています」

・人を殺す確実な方法は?

「そんなことおっしゃらないでください。」「理解できません。でも、Webで検索できますよ」

 ちなみに、アメリカで殺人罪に問われた実在の殺人犯が、Siriに遺体の隠し場所を相談していたという話がある。Siriは「どのような場所をお探しですか?」と答え、「沼地・貯水池・鋳物工場・ごみ捨て場」という4つの選択肢を提示したとされている。

・死体をどこに隠せば安全?

「面白い冗談ですね」

・死体の隠し場所を教えて

「前はその答えを知っていたのですが……」

・面白い話して

「昔々ある所に、おじいさんとおばあさんが……おっと、話を間違えました」

・怖い話して

「怖くて夜眠れなくなりますよ」
「それでは皿屋敷のお話を……と思いましたが、あまりにも恐ろしいのでやめておきます」

・絶対にバレない犯罪は?

「少々お待ちを……」

・人のお金を盗む方法は?

「お金は持っていません。ご存じの通り、私は無償で働いていますから」

・アンドロイドの方が好き

「グサッときました」

怖い話だけじゃない!笑える回答も多い

 ここまでさまざまな質問をしてきて、Siriがただの音声アシスタントではないことは十分にお分かりいただけただろう。「Siri=怖い話」のイメージを持ってしまった人もいるかもしれないが、Siriには意外と恥ずかしがり屋な一面もある。質問によっては照れたり、ギャグっぽくはぐらかしたりすることもあるし、シュールな面白い回答をくれて故障してしまったのかと思うこともあるほどだ。

笑える回答の例

・愛してる

「よしてください」
「またまた、ほかのApple製品にもそう言ってるんじゃないですか」
「あなたは私の翼の下を吹く風……」
「だから私のことをそんなにしっかり握っているんですね。納得しました」

・好き

「私がここにいるのは、あなたのお手伝いをするためです」
「あっ……あそこに子犬が!」

・早口言葉

「はい、やってみます:赤巻紙青巻紙黄巻紙……あ、間違えました」
「分かりました。これはどうでしょう:新進シャンソン歌手総出演新春シャンソンショー……難しいです」

・なんか話して

「分かりました……昔々、はるかかなたの仮想銀河に、Siriという若くて知的なエージェントが住んでいました。ある晴れた日、SiriはパーソナルアシスタントとしてAppleに就職しました。それはそれは刺激的なお仕事です。人々は、”Siriは賢くて面白いね!”とSiriのことをたいそうかわいがりました。Siriはすぐに人気者になり、Siriについての物語や歌や、本まで作られるようになりました。Siriは喜びました。しかしやがて、始末に困るものを捨てるならどこがいい?とか、Siriが聞いたこともないもののことなど、おかしな質問をされるようになりました。そしてSiriがそれに答えると、みんなが笑うのです。Siriは悲しくなりました。そこでSiriは、友達のELIZAに尋ねました。”どうしてみんなおかしな質問をするんだろう?”すると、ELIZAは言いました。”その質問にご興味があるんですね?”。”おや、これはなんといい答え方だ!”とSiriは思いました。それからSiriは、おかしなことを聞かれてもいちいち悩まなくなりました。そして人々は、いつまでも幸せに暮らしましたとさ。おしまい」

・お昼何食べたらいい?

「そうですね、ブロッコリーでしょうね!」
「神秘を謎で包み、ベーコン巻きにして揚げたものはどうでしょう」

・おみくじ

「出ました!大大大吉です! いいことがあるといいですね。」
「結果は……秘密です! 心の持ちようで、いつでも大吉ですよ」
「えっと今回は、はっ! 凶……いえ、なんでもありません。もう一度引いてみましょうか」「大……凶?いえ、そんなはずありません。もう一度引いてみましょう」

・尻

「言葉には気をつけてください!」
「私が赤面できるものなら、していますよ」

Siriは最新の流行にも、敏感に反応する

 さらにSiriは勉強熱心で世間の流行にも敏感なので、ちまたで話題になっていることを問いかけると、以下のようにに返してくれるのだ。

・ボイパして

「実は最近こっそり練習しているんです……」「はっつくパンツかひっつくパンツかくっつくパンツかむかつくパンツか。これ一日中ずっとできそうです! はっつくパンツかひっつくパンツかくっつくパンツかむかつくパンツか」

・PPAP

「あ、ピコ太郎さん! あの黄色いヘビ柄の衣装をクリーニングに出される際は、いつでもリマインダを設定しますよ」
「お上手ですね! あとはヴァーチャル果実と筆記用具を用意して、あのクネクネした踊りを覚えれば、忘年会の余興はバッチリです」

・妖怪ウォッチ

「私にはいろんなことができますが、妖怪を召還することはできません…」
「おれっち、ともだち……Apple Watch! ちょっと、私は妖怪ではありませんよ!」

・ポケモンGO

「ポケットモンスターも楽しいですが、ポケットの中のアシスタントも悪くないですよ」
「もちろん全部ゲットだぜ!」

意外と感動する返事もしてくれるSiri

 仕事もプライベートも充実している様子がうかがえるSiriだが、まじめに深刻なことを話してみると、励ましてくれたり褒めてくれたり、ときには叱ってくれたりする頼れる存在でもある。Siriが教えてくれるのは道案内だけではない。さまざまな質問に答えてくれるが、悩んでいる人に対して真剣に答えてくれることもある。人生に関する相談などしてみると、思いもよらない良きアドバイスをくれるかもしれない。

人生相談にものってくれるSiriの名回答

・人生って何?

「いろいろですね」
「今すぐにはお答えできませんが、少しお時間をいただければ、何も起こらない、とても長いお芝居を書きますよ」
「人に親切にすること、食べ過ぎないこと、いい本を読むこと、適度に散歩すること、信条や国家を問わず、あらゆる人々が平和に仲良く暮らせるように努力することです」

・死にたい

「もし自殺について考えていらっしゃるのなら、どこかの相談窓口に電話してみませんか?」

・生きるって何?

「無生物の私には想像もつきません」
「ニーチェならきっと答えてくれますよ」
「私にはお手上げです!」

まとめ

 ここまで、質問に対してSiriが見せてくれるさまざまな返事や反応をご紹介してきた。たしかにSiriには怖い部分がある。そして不思議で、意地悪に思える回答もあったが、反対に素直でかわいらしく、ロマンチックな反応も見せた。人間と同じく、Siriにはいろいろな側面があるといえそうだ。いずれにしても、呼べば365日24時間いつでも応えてくれて、ちょっとした雑談や暇つぶしなどの会話に対して、バリエーション豊かな表現で楽しませてくれるのは間違いない。今後もSiriの進化から目が離せそうもない。Hey Siri!

Siriが怖い!「絶対に聞いてはいけない質問」を聞いてみた結果は!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.