日刊大衆TOP 娯楽

◎○馬が2、3着で2万馬券! G1スプリンターズSはキングヘイロー産駒ダイアナヘイロー「須田鷹雄 レース傾向分析」

[週刊大衆2017年10月09日号]

バナー

 先週のG2オールカマーは、須田の本命馬ステファノスが2着、対抗馬タンタアレグリアが3着だった(3連単の配当は2万150円)。今週は、秋のG1開幕戦、スプリンターズステークス(中山競馬場芝1200メートル)。須田鷹雄の狙い目は――!?

■外国調教馬、香港のブリザードの取捨選択

 今年のスプリンターズSは圧倒的な存在がいないうえに、賞金が足りず出走できるか微妙な有力馬がいるという、ややこしい状況。まずは外国調教馬を紹介しておこう。香港から来るブリザードだ。15~16シーズンは香港ダービー(12着)を目指して長めのところも使われていたが、16~17シーズンはスプリント路線に専念。今年元旦のG3で初重賞を獲得した。17~18シーズン緒戦としてクラス1(日本のオープンに相当)のレースを叩き(2着)、2戦目がスプリンターズS。意欲はありそうだし、先行力もあるのだが、まだ格の面で物足りない。△または無印というところで、好走には、日本馬の有力どころが自滅してくれることも必要だろう。

■日本馬では、牝馬のダイアナヘイローを重視

 日本馬で、どれを重視するかは難しいところだが、現時点では◎ダイアナヘイローとしておく。スプリンターズSもサマースプリントシリーズの各レースと同様、牝馬が強い傾向にある。問題は状態維持で、5月から休みらしい休みを挟んでいないだけに、どの程度のデキで使ってくることができるか。そこさえクリアできれば、時計の対応力もあるし、キングヘイロー産駒はローレルゲレイロが勝ち、マヤノリュウジンが複穴(15番人気で3着)をあけているので買いやすい。

■G1高松宮記念2着のレッツゴードンキが対抗

 さらに○レッツゴードンキ、▲ワンスインナムーンと、印上位は牝馬ばかりにしておく。○レッツゴードンキは高松宮記念2着馬なので、当然上位に評価すべきだろう。ダートやマイルなど、いろいろな条件を使われるので分かりづらくなっているが、1200メートルで前崩れが現状では一番結果が出ると思う。▲ワンスインナムーンは高松宮記念で大敗したが、母が中山を得意としていた馬だし、この舞台の良馬場で、もう一度くらいは試してみたい。ただ、完全な時計勝負よりは、やや時計のかかる良馬場がベターだ。

■須田鷹雄 プロフィール
1970年東京都生まれ。競馬評論家、ギャンブル評論家。大学在学中に競馬ライターデビュー。競馬以外のギャンブルも含めた「旅打ち」をライフワークとし、国内の全公営競技場を踏破した経験を持つ。

◎○馬が2、3着で2万馬券! G1スプリンターズSはキングヘイロー産駒ダイアナヘイロー「須田鷹雄 レース傾向分析」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.