日刊大衆TOP 芸能

女子バレーボール「美女名鑑」Vプレミアリーグの逸材たち

[週刊大衆2017年10月30日号]

女子バレーボール「美女名鑑」Vプレミアリーグの逸材たち

 強豪相手に2勝3敗と善戦も、5位に終わった世界4大大会から4週間――10月21日に、国内1部リーグが開幕する。注目はエース引退後の中田ジャパンを背負うのは誰かということ。強くて美しい“期待の星”たちを紹介しよう!

■全日本のメンバーが覇を競う!

 女子バレーボールのVプレミアリーグが10月21日、ゼビオアリーナ仙台で開幕する。開幕カードは「NECレッドロケッツ」VS「久光製薬スプリングス」など2試合。連覇を狙うNECと2シーズンぶりのV奪還を目指す久光製薬の2強が激突する好カードは、見逃せない一戦だ。

 ところで、今季から中田久美新監督(52)が率いる日本代表チーム、新生「火の鳥NIPPON」が、快進撃を続けているのをご存じか。「8月のアジア選手権では10年ぶりに王座を奪還。9月のワールドグランドチャンピオンズカップ(グラチャン)では7月のワールドグランプリに続いて08年北京、12年ロンドンと2大会連続で五輪金に輝いた強豪ブラジルに30年ぶりとなる連勝を記録しました」(専門誌記者)

 その全日本メンバーがVプレミアリーグで覇を競うのだから、見応えは十分。では今年3月に引退した絶対エース、木村沙織の後継者はいるのか。チェックしてみよう!

■ベテランに若い力が加わった「火の鳥NIPPON」選手の実力

 新生「火の鳥」の“エース格”として攻守両面でチームを支えているのが新鍋理沙(27=久光製薬)。ロンドン五輪で28年ぶりの銅メダルを獲得したときの主力メンバーだった新鍋だが、眞鍋政義前監督の戦術変更と、自身のケガもあって15年には代表入りを辞退。16年のリオ五輪にも出場していない。「久光製薬の監督として就任1年目の12/13年シーズンからチームをVプレミアリーグ連覇に導き、5年間で3回優勝させた中田監督は、新鍋の能力を高く評価。代表監督就任と同時に彼女を再招集したんです。中田監督の提唱する“ワンフレームバレー”を熟知していることも新鍋の強みです」(専門誌記者)

 ワンフレームバレーは、高さより攻撃のテンポ、攻守の切り替えの速さを重視した高速バレーのことだ。その新鍋のチームメイトで“同級生”の岩坂名奈(27=久光製薬)は中田監督から全日本の主将に指名されたミドルブロッカー。187センチの外国人モデル並みのナイスプロポーションで男性ファンも多い。

 石井優希(26=久光製薬)と長岡望悠(26=同)も“同級生”コンビ。石井は180センチ、サウスポーの長岡は179センチと180センチ級の左右の大砲が二門揃ったのは頼もしい。

 若手の古賀紗理那(21=NEC)は次世代エース候補の筆頭。熊本信愛女学院高時代から「将来の全日本を背負う逸材」といわれ、14年にNECに入団すると1年目から活躍。チームを優勝に導いた。「サーブレシーブなど守備面の不安からリオ五輪代表は逃したものの、今年のアジア選手権で完全復活。右膝靱帯を痛めてグラチャンは欠場しましたが、着実に成長していますよ」(スポーツ紙デスク)

 チーム最年長の荒木絵里香(33=トヨタ車体クインシーズ)は186センチの長身で相手チームの高い壁になっているママさんプレーヤーだ。

 ベテランに若い力が加わった「火の鳥NIPPON」選手の実力を、Vプレミアリーグでご確認あれ!

■リオオリンピック代表落ちの屈辱をバネに、アジア選手権MVP!

【新鍋理沙】(27歳/173センチ64キロ)ウィングスパイカー/久光製薬スプリングス所属

●新鍋理沙の「ここに注目!」

「私は比較的、守備が好きです」と本人が語るように、守備への意識が高いアタッカーの新鍋は“中田バレーの申し子”ともいえる存在。アジア選手権では、安定したプレーを披露してMVPに輝いた。

■アジア選手権優勝へ導いた全日本の頼れるキャプテン!

【岩坂名奈】(27歳/187センチ72キロ)ミドルブロッカー/久光製薬スプリングス所属

●岩坂名奈の「ここが意外!」

 女優の田中麗奈似の美貌もあって、男性人気も高い岩坂。おっとりしたタイプに見られがちだが、「頑固。練習中など何かあると顔に出るタイプ」(本人)という。趣味はドライブと食べ歩き。肉が好き。

■チームでの愛称は”アラキング”、1児の母の経験が全日本を救う!

【荒木絵里香】(33歳 186センチ79キロ)ミドルブロッカー/トヨタ車体クインシーズ所属

●荒木絵里香「ここがすごい!」

「プレーはもちろん、精神面でもチームの大黒柱的存在」(専門誌記者)という荒木。木村沙織が日本代表のラストマッチ後、「(古賀)紗理那をよろしく」と伝えたのも荒木にだった。

■ポスト木村の“最右翼”は昨年のVリーグ最優秀選手

【古賀紗理那】(21歳 180センチ66キロ)ウィングスパイカー/NECレッドロケッツ所属

●古賀紗理那の「ここに注目!」

 アジア選手権途中から右膝靱帯に痛みを抱え、「(グラチャン代表から)将来性を考えて残念だが外した」(中田監督) 昨季のNEC優勝の立役者は復活するのか? 注目しよう!

■長身と器用さは世界レベル! 木村2世のオールラウンダー

【石井優希】(26歳 180センチ68キロ)ウィングスパイカー/久光製薬スプリングス所属

●石井優希「ここがすごい!」

 横分けボブの髪型がトーレードマーク。リオ五輪世界最終予選で「午後8時半の女(途中から出てくるリリーフ)」と報道され「悔しいです!」と奮起して、リオ五輪代表に選ばれた過去を持つ。

■ケガで今季の復帰は困難も、不死鳥のごとく蘇る

【長岡望悠】(26歳 179センチ64キロ)ウィングスパイカー/久光製薬スプリングス所属

●長岡望悠を「応援すべし!」

 リオ五輪でエースアタッカーを務めた長岡だが、「今季はたぶん厳しい。順調にリハビリは進んでおり、来季からは合流できると思う」(久光製薬前監督の中田監督) 復活を信じよう!

■エース木村沙織は3月に引退

【木村沙織の「引退ライフ!」】
 昨年末に一般男性と結婚して、今年3月に引退した“絶対エース”サオリン。今後、競技に関わるかは未定で、「主婦をしながら私らしく第二の人生を歩みたい」と語っている。現在、公式ブログでは料理(最新作はレンコンの挟み焼き)やスキンケア(SK-2)に挑戦している。

女子バレーボール「美女名鑑」Vプレミアリーグの逸材たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.