日刊大衆TOP 女性向け

正月飾りの「タブー」ほか、知らないと恥をかくマナーを解説!

正月飾りの「タブー」ほか、知らないと恥をかくマナーを解説!

 1年の始まりである正月には、古くから繰り返されてきた行事や決まりごとなどがたくさんある。今回は、その中の1つである「正月飾り」にスポットを当て、知っているようで意外と知らない情報を集めてみた。

■意外と知らない!?「正月飾り」の基本

●そもそも、正月とは

 正月とは本来、旧暦における1月の別称である。しかしながら、一般的には1月1日〜1月7日、または15日か20日までを松の内と呼び、いわゆる正月行事を行う期間としている。正月行事の多くは、新年を司り、元旦に各家にやって来て人々に健康や幸福を授けるとされる「年神様」に関連している。新年に多くの幸せを授けてもらえるよう、失礼のないようお迎えしておもてなしし、お見送りするのだ。

●正月飾りとは

 正月飾りとは正月に飾るもののことである。さまざまな種類があるが、やはり多くが元日に降臨する「年神様」に関係しているため、前年のうちに準備するのが慣例となっている。

■正月飾りと言えばコレ!4大定番品とその意味

 さっそく定番の正月飾りを紹介していこう。

●門松(かどまつ)

 門松(かどまつ)とは、門や玄関など家の入り口にあたる場所に飾る松のことである。松飾り、飾り松、立て松という呼び方もある。「祀(まつ)る」とかけられることもあって、松は古くから神様の宿る神聖な樹木とされてきた。年神様は、門松を目印にして天上世界から降りてくる。門松を飾っている期間のことを松の内と呼び、この間は年神様と一緒に過ごすことができる。

●注連飾り

 注連飾り(しめかざり)とは、注連縄(しめなわ)に縁起物などを飾りつけたもののことである。玄関や神棚に飾ることが多い。標縄、占縄、七五三縄とも書く。天岩戸に閉じこもっていた天照大御神が外に出てきたときに、再び中に戻ってしまうのを防ぐために、注連縄を張ったことが由来とされている。つまり、注連飾りが神様の領域と俗世を隔てる結界となり、内側を年神様が過ごすにふさわしい神聖な場所にするのだ。注連飾りには前垂れ注連縄、ごぼう注連縄、大根注連縄、輪飾り、玉飾りなど多くの種類があり、地域や用途によって使い分けられている。

●鏡餅(かがみもち)

 鏡餅とは、大小2段に丸餅を重ねたもののことである。お迎えした年神様へのお供えものであると同時に、滞在中の居場所にもなるため、年神様に来てもらいたい大切な場所に飾るのが一般的だ。玄関から奥まった場所に設置するのがよい。平安時代に行われていた健康と長寿を祈願する「歯固めの儀」が由来と言われている。餅が八咫鏡(やたのかがみ)、橙(みかん)が八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、干し柿が草薙剣(くさなぎのたち)に見立てられており、合わせて「三種の神器」を表しているとされる。松の内が明けると「鏡開き」を行って餅を割り、一年の無病息災を祈って家族で食べるのが習わしだ。

●破魔矢(はまや)

 破魔矢とは、悪魔をはらい幸運を射止める矢のことである。正月の縁起物として初詣期間中に神社、寺院で授与される。1年間は神棚や床の間、玄関、リビングなどに飾っておく。弓の腕を試す「射礼」(じゃらい)という正月行事に使った弓矢が由来とされている。破魔矢を放つ弓は破魔弓(はまゆみ)と呼ばれる。破魔矢を破魔弓で射って初めて意味を成すため、本来的にはセットで飾るのが正しい。

■いつからいつまで!? 正月飾りを飾る時期と取り払う時期

 正月飾りはいつからいつまで飾るのが常識なのだろうか。その正式な時期やマナーを解説していく。

●飾りはじめはいつから?

 正月飾りは「正月事始め」と呼ばれる前年の12月13日以降に飾り始めるのが本来のルールだ。しかし、最近ではクリスマスを祝い終えた26日ぐらいから迎春の準備をすることが多い。正月飾りを飾るのによいといわれているのは、末広がりの八がついている28日と、キリがよい30日である。

●この日に飾るのはNG!「二重苦」「一夜飾り」

 逆に正月飾りの飾りつけを避けたほうがいいのは、二と九がついていることから「二重苦」と呼ばれる29日と、「一夜飾り」になってしまい年神様への誠意に欠ける31日である。なお、仏滅や大安といった六曜は関係ないため気にする必要はない。

●いつまで? 飾りおわり

 正月飾りは年神様をお見送りした後の1月7日、または15日か20日に取り払う。門松や注連飾りは飾り終えたあとに、1月15日頃に寺社で行われる「どんど焼き」や「お焚き上げ」などで焼いてもらう習慣がある。自分で処分することもできるが、神聖なものであるため、お清めの塩をふって他のゴミとは別に捨てたほうがよい。鏡餅は1月11日、もしくは15日の「鏡開き」の日に食べよう。

■こんな時はどうする!? 喪中の時の正月飾り

 喪中とは、近親者が亡くなったあとに身を慎んで故人を偲ぶ期間のことで、一般的には1年間とされている。宗教や地域によっても変わってくるが、身内が亡くなった喪中の時は、正月飾りの飾りつけを控えるのが常識的だ。また、正月飾りと同じように、年頭のあいさつや年賀状、正月料理、おとそ、初詣といった一連の正月行事も避け、故人の冥福を願って静かに過ごすべきだと言われている。

■簡単な手作り正月飾りの作り方

 正月飾りは何も豪華で立派なものを用意すればよいというわけではない。最近では伝統的なデザインを現代風にアレンジしたオシャレな正月飾りも多く見られる。また市販品ではなく、自分たちで手作りしたオリジナルの正月飾りを飾る人も増えてきた。

●折り紙で作るミニ門松

【材料】

  • ・折り紙(緑2枚・黄緑2枚・茶1枚・金1枚)
  • ・トイレットペーパーの芯
  • ・爪楊枝4本
  • ・ひも

【道具】

  • ・のり
  • ・ハサミ
  • ・セロテープ
  • ・クリップ

【作り方】

<土台と竹を作る>

  • (1)緑と黄緑の折り紙の裏面をのりで貼り合わせる
  • (2)(1)をハサミでAとB2つの三角形に切り分ける
  • (3)Bの三角形をさらにハサミで2つの小さな三角形に切り分ける
  • (4)合わせて3つの三角形を竹に見立てて、クルッと丸めてクリップで仮止めする
  • (5)トイレットペーパーの芯をハサミで3センチ幅で切って、2つの輪っかを作る
  • (6)(5)の外側に茶の折り紙をのりで貼りつけて藁に見立てる
  • (7)(4)で作った3本の竹を(6)で作った輪っかの1つに入れてクリップを外す
  • (8)3本の竹の太さや長さのバランスを整える
  • (9)輪っかの内側と竹をセロテープで固定する
  • (10)(9)までに作ったものを、もう1組作る

<松を作る>

  • (11)金の折り紙をハサミで四角く4等分に切り分ける
  • (12)(11)をそれぞれ金色を外側にして半分に折り、1センチ程度を残し、はさみでタテに細かく切り込みを端から端まで入れる
  • (13)(12)の端にセロテープで爪楊枝を止めて、松に見立てて折り紙全体をクルクル巻いていく
  • (14)(13)までに作ったものを、同じようにあと4本作る
  • (15)(10)までに作った土台の輪っかに、松を2本ずつ差し込んで飾りつける
  • (16)輪っかにひもを巻きつけて結ぶ

●100均リースで作る注連飾り

【材料】

  • ・注連縄リース1本
  • ・水引
  • ・松や松ぼっくり、南天など
  • ・好きな造花

【道具】

  • ・ワイヤー
  • ・木工用ボンド

【作り方】

  • (1)注連縄リースの結び目にワイヤーか木工ボンドで松や松ぼっくりをつける
  • (2)ワイヤーを使って好きな形に整えた水引を松の上に重ねてつける
  • (3)南天や造花をバランスを見ながらワイヤーや木工ボンドを使ってリースに固定していく

■まとめ

 日本古来の「正月飾り」について、素朴な疑問を解消して正しい知識を得ることはできただろうか? 伝統文化ではあるが、マナーの範囲内で工夫を凝らして自分なりに楽しむのは悪いことではない。何よりも大切なのは、きちんと年神様をお迎えして、新年を心から祝おうとする気持ちなのだ。

正月飾りの「タブー」ほか、知らないと恥をかくマナーを解説!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.