日刊大衆TOP 女性向け

節分の豆まき「ワタナベさん」はやる必要なし!? 恵方巻きの由来は!?

節分の豆まき「ワタナベさん」はやる必要なし!? 恵方巻きの由来は!?

 2月3日は「節分」の日。日本の伝統的な行事のひとつで、現代も豆まきをおこなって“年の数”だけ豆を食べたり、恵方巻を食べたりといった風習は残っている。今回は「節分」の由来や歴史について解説する。

■「節分」とは

「節分」(せつぶん)と聞くとまず2月3日を思い出すが、実は、節分は年に4回ある。

 節分とは、「季節を分ける」という意味であり、季節の分かれ目である「立春」(りっしゅん)「立夏」(りっか)「立秋」(りっしゅう)「立冬」(りっとう)の“前日”が節分と呼ばれる。

 1872年(明治5年)まで日本では旧暦が使用されていた。旧暦での1月1日は、立春前後の朔日(新月の日)。現在の暦でいう1月21日ごろから、2月20日ごろまで、毎年移動した。2月の節分は、旧暦の大晦日や元日と重なることもあったため、とりわけ重要視されるようになった。

 ちなみに立春は太陽黄経が315度のときで、2月4日であることが多いが、2021年と2025年は2月3日。この年は、節分も2月2日になる。

 現代では太陽暦の1月1日に新年を迎えるため、旧暦についてほとんど知らない人も増えてきている。しかし、新年が厄年に該当する人の厄払いに関しては、2月の節分までにすませるとよいと多くの神社でいわれている。

■豆まき

 節分の日に行われる恒例行事といえば「豆まき」。「鬼は外! 福は内!」と言いながら家の中に豆をまき、年の数か、年よりひとつ多い数の豆を食べる。

 季節の変わり目には鬼がやってきて病気や災害を引き起こすといわれていたため、豆をまいて鬼払いをすることが目的とされている。最近では自宅で豆まきをする家庭は減少傾向にあるものの、幼稚園や保育園、介護施設などでは今も盛んに行われている。

 豆まきは、7世紀ごろ中国から伝わった鬼払いの儀式「追儺」(ついな)が由来とされている。追儺は「おにやらい」とも呼ばれ、鬼を演じる役人を、杖などを持った殿上人たちが追いかけて退散させる儀式であり、日本では天武天皇時代の宮中ではじめて行われたとされている。現代の「鬼ごっこ」とは逆で、鬼が追われる立場であるのが興味深い。大豆をまくようになったのは室町時代に入ってからであり、これが「豆まき」として庶民の間にも定着していった。

 近年、「ワタナベさんは豆まきをしなくてもいい」という説が広まっているが、これは昔、丹波の大江山に住んでいたという伝説の鬼「酒呑童子」(しゅてんどうじ)を、源頼光の家臣である、渡辺綱を筆頭とする頼光四天王が討伐した、という話が由来。鬼が怖がって寄りつかないため、豆まきをする必要がないのだという。

 また、節分の日は豆まきのほかに、柊の小枝に焼いた鰯(いわし)の頭を刺した「柊鰯」(ひいらぎいわし)を魔除けとして戸口に飾る風習があり、こちらも日本各地で広く行われている。

■節分に落花生をまく地域もある?

 節分の豆まきでまかれる豆といえば大豆で、豆まき用の大豆と食べるための大豆を用意するのが主流となっているが、実は、落花生をまく風習の地域もある。

 豆まきで落花生をまくのは、北海道、東北地方全域、新潟をはじめとした北陸地方、宮崎や鹿児島などの南九州地方。北海道では「雪が積もった地面で豆まきするなら、大豆より落花生が拾いやすい」「豆まきで使った後も、落花生なら殻を割って食べることができる」といった合理性や経済性から落花生が選ばれるようになったといわれており、南九州地方では落花生の産地ということで豆まきでも使われるようになったとされている。

■恵方巻

「恵方巻」(えほうまき)は、節分の日に「その年の恵方を向いて無言で一気に食べると縁起が良い」といわれる巻き寿司のことをいう。恵方巻の具材は七福神にちなんで7種がよいとされており、必然的に太巻きになる。起源や由来は諸説あってはっきりしないが、2000年代に入ってスーパーマーケットや大手コンビニチェーンが大々的に売り出したことから急速に全国各地で広まった。ちなみに2018年の恵方は南南東、2019年は東北東、2020年は西南西である。

■節分で有名な神社仏閣

 節分の日に行われる節分祭や節分会で知名度の高い神社や寺院もある。

【神社】

大國魂神社

 東京都府中市宮町3丁目1番地。境内に相撲場を持つ神社であり、節分では力士や芸能人が豆まきを行う。

箱根神社

 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1。芦ノ湖を水上スキーで逃げる鬼に向かって遊覧船から豆をまく「湖上豆まき」を毎年開催している。

八坂神社

 京都府京都市東山区祇園町北側625。祇園の花街と縁が深いことから、舞妓による舞踊奉納と豆まきが行われる。

春日大社

 奈良県奈良市春日野町160。境内の石燈籠約2000基、釣燈籠約1000基すべてに灯りをともす。

【寺院】

池上本門寺

 東京都大田区池上1-1-1。毎年、節分追儺式(せつぶんついなしき)法要と福男・福女による豆まきを開催。力道山の墓がある縁で、プロレスラー、プロボクサーなど格闘技の関係者が参加することで有名。

成田山新勝寺

 千葉県成田市成田1番地。相撲力士および、その年のNHK大河ドラマ出演者数名が豆まきに参加することで有名。

■まとめ

 季節の変わり目である「節分」は年に4回ある中で、2月だけ「豆まき」という儀式が行われるのには、昔の暦である旧暦が関係していた。現代は儀式というよりイベントの色が濃くなり“やってもやらなくてもいいもの”と考える人も多い豆まきだが、小さな子どもにとっては、鬼に扮した大人に追いかけられたり豆をまいたり、非日常を体験できるよい機会となるだろう。大人であっても興味を持った人は2月3日に神社や寺院に行ってみるといいかもしれない。

節分の豆まき「ワタナベさん」はやる必要なし!? 恵方巻きの由来は!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.