「芸能人の健康法」は本当に有効? 識者がズバリ判定!

「いくつになっても元気でありたい」 そう願って、著名人たちが実践する「あの手この手」の効果のほどは!?

 少子高齢化が進む日本。それに伴い、健康志向は高まるばかり。中でも、ストレス過多で多忙な日々を送る著名人たちは、人一倍、健康に気を遣う。そこで今回、独特な「有名人健康法」を徹底調査。識者3人にズバッと診断してもらった。読み通すまでの10分で分かる!

■米倉涼子はキムチをストック

 まず、昨年末、『ドクターX』を大好評で終えた女優・米倉涼子(42)。健康な美ボディを保つのに、常に冷蔵庫にストックしている食べ物があるという。「発酵食品の代表格、キムチです。唐辛子成分は発汗を促す作用もありますしね」(女性誌記者)

 なんと、庶民派なキムチとは……栄養管理士が言う。「キムチに入っている“ラクトバチルス”という善玉乳酸菌が腸の調子を整え、痩身にも効果あり。また、この善玉菌は、発がん物質を減らす作用もあるそう」(フードアナリスト)

 キムチで、おいしく痩身。これは「○と×」どちらか。医療ジャーナリストの牧潤二氏の判定は×。「キムチは発酵食品で、善玉菌が多いのも事実。だが、塩分過多なので、痩せる目的でバクバク食べるのはオススメできません」(牧氏)

 鍼灸師で薬剤師(漢方)の平地治美氏は、同様に塩気の多さを指摘したうえで、「唐辛子は、体力のない人が食べると、胃腸をやられる可能性もある」と“刺激物”の負の側面を言い、同じく×。

「京都産業医事務所」所長で医学博士(京都大学)の橋本惠氏はどうか?「唐辛子の辛味成分“カプサイシン”は取りすぎると、発がんの可能性があります。また、アドレナリンが過剰に分泌され、情緒面で不安定になる危険性も……」 結果、橋本氏も×。

 キムチがダメなら何を食べれば……と悲嘆にくれるだろう(!?)米倉に、牧氏、橋本氏の2人が偶然、プッシュしたのは、同じ発酵食品の“野菜のぬか漬け”。「にんじん、ブロッコリー、かぶなどがいいでしょう。善玉菌の供給なら、これで十分。辛味成分はないですし……」(橋本氏)というわけで、キムチダイエットは「×」。

■藤原紀香は加湿器をフル稼働

 続けて、いつも元気で“ノリノリノリカ”な藤原紀香(46)の気になる健康法。自宅では、真冬でも暖房をつけず、家中の至る場所に加湿器を置いて、フル稼働させているという。ちなみに、湿度は60%をキープ。これが乾燥を撃退し、喉にも肌にも良いという。「湿度が高いと体感温度も上昇し、寒さも気にならない。風邪の予防にもなります」(医療メーカー開発職)

 冬を加湿器でノリカはノリ切れるか――橋本氏は○。「おっしゃる通りの理屈。ただ、タンク内の水を、そのまま霧にして散布する“超音波式”の加湿器は、長期間の使用を経ると、タンク内にカビや細菌が繁殖。それが空気中にバラ撒かれ、逆に健康を損なうこともあります」 その点、“加熱沸騰式”の加湿器のほうが安心という。

 そして基本的には牧氏、平地氏も○。だが、平地氏は、真冬も暖房をつけない点は「マンションなど密室性の高い部屋ならともかく、古い一軒家など、隙間の多い建物だと要注意」と×。「この季節、普通に暖房をかけていても“低体温症”で死亡するケースも珍しくない。やせ我慢は禁物で、寒いと感じるときは、暖房をつけてください」(前出の医療メーカー開発職) 湿度60%は「○」だが、暖房の不使用は「△」! 

■ビートたけしやタモリも実践する「1日1食」

 “お笑いBIG3”のうち、明石家さんまを除く2人、ビートたけし(71)とタモリ(72)の他、多くの有名人が実践中なのが「1日1食」健康法。文字通り、1日1食しか食べないのだ。「1日3食ほどのカロリーを取らないので、太らず、生活習慣病のリスクも減る、という理屈です。もともと、1日3食というのも、江戸時代後期からスタートした風習。すでにアメリカでは、1日3食の生活様式が崩れつつあります」(栄養管理士)

 これは見解が分かれた。牧氏は、医療ジャーナリストの実地的な観点から、「1日1食では空腹になりすぎ、結局、間食してしまいがち。それに、1食だと身体の栄養吸収力が増すため、カロリー摂取を大して減らせません。そのうえ、空腹の時間が長いことで、胃腸にダメージを与えることにもなります」と、1日3食が望ましいとして×。

 対する橋本氏は○。自身も、年中無休で診療する中、時間を節約しようと、1日2食を実践中で、この10年間、予防ワクチン接種を受けないながら、インフルエンザにかかったこともないという。「1日1食を実践する人の多くは、“夕食だけ”にしますが、“朝だけ”か“昼だけ”にするのが望ましい。どうしても就寝前に“おなかいっぱい”になると、胃腸が働いているため、安眠が妨げられます。また、逆流性食道炎の原因にもなるといわれています」(橋本氏)

 対して、漢方のスペシャリストの平地氏は、個人の体力、体質などの影響も大きく“ケースバイケース”とのこと。う~む、決着つかずで1日1食は「△」!

■アントニオ猪木が提唱する「氷風呂健康法」

 一方で、荒療治もある。参院議員のアントニオ猪木氏(74)が提唱するのは“氷風呂健康法”。39歳のプロレスラー時代、糖尿病と診断された際、これで血糖値を下げたという。ベテランのプロレス記者が言う。「氷風呂に入れば当然、寒さで体が震えます。それが、激しい運動をしたのと同じ効果となり、血糖値を下げると……あとで猪木が担当医に聞いたら、“普通の人が真似したら、死の危険もある”と言われたそうです」

 むろん、さすがに3人とも氷風呂は「×」。ただし、幼い頃から猪木を尊敬してきた橋本氏は、医学博士の立場ながら、こう補足する。「猪木さんのことですから、“高速ガタブル振動”で発熱し、ほどなく氷風呂は湯になっていたでしょう(笑)。むろん、猪木さんだからこそ可能な方法で、万人がというわけにはいきません。しかし、体温を上げるために、代謝が活発になり、血糖値を下げる、というのは理にかなっています」 普通の人はダメ、絶対!

■五木寛之は大きな溜め息を…

 最後は作家の五木寛之氏。85歳の現在も髪の毛がフサフサで、羨ましいほどに元気だが、「五木さんが実践しているのが、“1日に何度も大きな溜め息をつく”という健康法です」(文芸担当編集者)

 氏の著書『なるだけ医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣』(中経文庫)を見ると、〈ポシティブ志向が良いと言われるが、本気でそう思わなければ効果ナシ。逆に諦め、居直り、溜め息をつくほうがむしろ精神の安定につながる〉というのだ。

 “深い溜め息は多いほどよい”とも言うが、これはどうか? 橋本氏が「無理にポシティブになろうとすると、それ自体がストレス。自然体が何より。さすが五木さん」と絶賛すれば、牧氏は「大きな溜め息は深呼吸、腹式呼吸にも通じます」と言い、平地氏も同意。3名とも溜め息健康法は「○」。「ただし、人前で溜め息をつくと、何かと問題の種にもなりかねません。人けのない場所でやったほうがいいでしょう」(平地氏)

 さあ、健康法を駆使して、最高の人生にしよう!

本日の新着記事を読む

編集部発「今日はこの番組がオススメ!」→→→水曜日のダウンタウン