ダウンタウン
ダウンタウン

 何かと、炎上が騒がれるテレビ界。そこで過去の問題番組を顧みれば、今なら切腹モノの爆弾企画だらけ!

■『とんねるずのみなさんのおかげでした』で時代錯誤な放送

 昨年来、テレビ番組の炎上が相次いでいる。9月に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP』(フジテレビ系)では、往年の名物キャラクターの数々が登場したが、1990年代初頭のキャラ「保毛尾田保毛男」も復活。ネットを中心に批判の嵐が巻き起こった「LGBTに関する人権意識が高まる中、あまりに時代錯誤な放送。フジの宮内正喜社長が定例会見で“不快な面をお持ちになった方がいたことは、テレビ局としては大変遺憾なこと”と陳謝する事態になりました」(テレビ誌記者)

■大晦日の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』でも

 しかし、その記憶もまだ新しい大晦日の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ系)で、またも同じようなことが起こる。ダウンタウン浜田雅功が顔を黒塗りにして映画『ビバリーヒルズ・コップ』のエディ・マーフィに扮したことが黒人差別だと物議を醸したのだ。「ブラックフェイスと呼ばれるこの黒塗りギャグは、海外では完全にアウト。謝罪どころか、番組打ち切りも当然の行為です」(前同)

 しかし、1月6日の『完全版SP』では、そのシーンが再び放送され、日テレは「差別の意図はなかった」という公式見解を出した。「これらの騒動では、昨今のテレビ制作の姿勢に疑問を示す声が大勢の中、表現の自由と人権侵害の線引きはどうするべきか、という議論も生まれました。しかし、こういう議論が起こること自体、現在の人権意識の高まりの証。思い返してみれば、長いテレビの歴史の中では“今じゃ絶対に再放送できないよな……”というような、とんでもない企画も大量に生まれていたんです」(TVライターの大山兼介氏)

■とんねるずやダウンタウンの黒歴史化した企画

 前出のとんねるずとダウンタウンだけでも、そんな地雷企画が目白押し。たとえば、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジ系)で東野幸治が演じたパイマンというキャラ。動物園にいる象やオラウータンにパイをぶつけるというものだが、バラエティ番組に詳しい元放送作家は言う。「昨年10月の『ワイドナショー』で東野がパイマンの話をした際、佐々木恭子アナウンサーが“いろんな観点から今はアウトですよね”とバッサリ。明らかな動物虐待ですからね」

とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日テレ系)では、小学生が水着姿を披露することもあった「セクシー小学生ゴングショー」が明らかにNGだが、別の意味で黒歴史化した企画といえば「麻原彰晃の青春相談」だ。「演出を担当していたテリー伊藤が、当時注目を浴び始めていたオウム真理教の麻原を、面白いおじさんとして起用。参加者が麻原に好きな女優を質問すると、秋吉久美子が好きだったと答え、スタジオが歓声に包まれるという、完全にバカにした内容でした。さすがの天才・テリー伊藤も、4年後に麻原が地下鉄サリン事件を起こすとは想像できなかったでしょうね」(前出の元放送作家)

■『進め!電波少年』で松村邦洋が

 他の番組では、なんといっても危険を顧みないガチンコロケが多かった初期の『進め!電波少年』(日テレ系)が挙げられる。「渋谷のチーマーを更生させたい」という企画では、松村邦洋がチーマーに説教しようとしてボコボコにされたり、「バツイチになりた~い!」では、同じく松村が当時26歳の看護師と婚姻届を提出して、その3日後に離婚。戸籍上「バツイチ」となったりしている。

■ビートたけしの番組にはヤバい企画が多い

 前述したテリー伊藤とビートたけしが組んだ『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日テレ系)も、再放送NG企画のオンパレード。100人のエキストラが道行く一般人を、いきなり胴上げしたり、振り向くと、100人が「シェー」をする「100人隊」という名物企画の中にも、NG殿堂入りなものがある。「それは、歩いている一般人を隠し撮りし、曲がり角の向こうから100人が津波だ! 津波だ! と叫びながら駆けだしてきたのに驚いて一緒に逃げる必死の形相をスタジオでゲラゲラ笑うというパターン。東日本大震災を経た今、これをやったら、完全に社長以下全役員のクビが飛びますよ」(テレビ誌記者)

 また、オスマン・サンコン絡みの企画も、何かとギリギリだった。「真っ暗なスタジオに潜む黒い肌のサンコンさんを探したり、ときにサンコンさんに襲いかかられたりする『暗闇でサンコン』というド直球の企画が、その筆頭。現在では抗議殺到でしょうが、当のサンコンさんは“このジョークには愛がこもっていた”と、気にしていない旨の発言をしています」(元放送作家)

 過激な漫才で鳴らしたたけしの番組には、他にも、とにかくヤバい企画が多い。『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』(日テレ系)は、過激な企画に対する芸人のリアクションで競い合う番組。「たけしの過激さに、80年代~90年代の金があった頃の日本の勢いを乗っけた結果生まれた、バブルのあだ花のような番組です」(元放送作家)

 クイズに答えないと乗車したバスが海に沈められる「バス吊り下げアップダウンクイズ」の他、「リュックサック爆破クイズ」や「人間水車クイズ」、さらには、先輩芸人が後輩芸人に対する力関係を盾に、ホモプレイやSMプレイを強要するフリをして相手を試す「人間性クイズ」まで、芸人を肉体的にも精神的にも酷使するクイズが行われた。「ですが、この番組がなければ、リアクション芸人の帝王・出川哲朗やダチョウ倶楽部の今はなかったのも事実。そう考えると、なかなか趣深いですね」(前同)

■松本人志はアマゾンプライムで

「今のテレビは元気がない」と嘆く業界人が多い中、『一人ごっつ』などで数々のブラックな笑いを生みだしてきた松本人志のように、ネット動画配信を表現の場に選ぶという動きも加速している。「松本はアマゾンプライムで1000万円を賭けたお笑いバトル『ドキュメンタル』をプロデュースしていますが、その最新シリーズでは、無法地帯の様相を呈しています。相方の浜田雅功も、自前の車でぶつかり、相撲や走り幅跳びをするという、自動車会社のCMを気にする地上波では絶対不可能な『戦闘車』という企画を成功させました」(テレビ誌記者)

 今後、地上波テレビでは規制が進み、刺激の強い笑いやセクシーを求める人はアマゾンプライムやAbemaTVなどのネット配信――というふうに、放送は二極化していくのかもしれない。「とはいえ、発表の場がどこであろうと、保毛尾田保毛男のような認識不足、無知による明らかな差別や、悪意による攻撃は排除するべき。しかし、そうでないただの過激企画も十把一からげにするのはいきすぎではないか、過激さの先に何があるべきか、という議論は、大いにしたほうがいいでしょうね」(前同)

 ユーモアと社会正義の線引きが重要な時代。難しい舵取りではあるが、これからも意欲的な企画はどんどん出てくるはず。臆せずガンガン挑戦してほしい!

本日の新着記事を読む

日刊大衆TOPへ戻る