『下町ロケット』でTEAM NACS・森崎博之が大ブレイクする!?
※画像はTBS『下町ロケット』番組公式ホームページより

 阿部寛(54)主演の日曜劇場『下町ロケット』は、「ゴースト編」がまさかの展開で終了した。新章に突入すれば新キャラも登場するだろうし、いよいよ目が離せなくなりそうだ。今回は11月11日の放送を振り返り、新章での注目ポイントを考えてみたい。

 佃航平(阿部寛)は帝国重工の財前(吉川晃司/53)を、新潟の殿村(立川談春/52)家での稲刈り手伝いに誘う。財前は農作業を通してものづくりの大切さを実感し、宇宙開発から離れたその後を見据える。一方、弁護士の神谷(恵俊彰/53)の協力で、中川(池畑慎之介/66)と末永(中村梅雀/62)の黒い関係を暴いた「ギアゴースト」の伊丹(尾上菊之助/41)たちは、末永に迫って顧問弁護士を退任させる。そして、佃たちが見守る中、「ギアゴースト」と「ケーマシナリー」の裁判は口頭弁論の日を迎える。ギアゴーストの新しい弁護人となった神谷は、ケーマシーナリーについた中川を出し抜いて裁判に勝利して……という展開だった。

「ギアゴースト」の伊丹が佃製作所を裏切るという驚きのオチで、「ゴースト編」が終幕した。11月18日から新章「ヤタガラス編」に突入するのだが、ツイッターなどSNSを見ていると、次週からTEAM NACSのリーダー、森崎博之(47)の出演を喜ぶファンの声が多かった。森崎が演じるのは、佃の大学の友人で無人農業ロボットの研究者である野木。登場回数も、きっと多くなるだろう。

 TEAM NACSは、北海道の大学で結成された演劇ユニットで、全国にファンを持つ人気演劇集団だ。なんといっても大泉洋(45)が有名だろう。90年代後半に北海道テレビ制作のローカル深夜番組『水曜どうでしょう』で人気を博すと、以後は全国区の俳優へと駆け上がり、今では映画『探偵はBARにいる』シリーズなど主役も当たり前の人気俳優となった。

  1. 1
  2. 2