総額数千億円!? ZOZO前澤友作社長が買った「自家用ジェット」ほか、高級品リスト
画像はイメージです

 剛力彩芽との交際で話題のZOZOTOWNの前澤友作社長だが、その超高額で豪快な買い物ぶりも注目されている。

 前澤社長は、かねてから現代アートのコレクターとして有名で、12年11月に若手アーティストの支援や現代アートの普及活動を行う公益財団法人現代芸術振興財団を設立し、自らが会長を務めている。16年にアメリカの画家、ジャン=ミシェル・バスキアの『Untitled』を約62億円で、翌17年に同タイトルの別の作品を約123億円で落札したときは、双方ともにバスキア作品の最高落札額を更新したこともあり、大きな話題になった。

 また16年に約25億円でパブロ・ピカソの『女性の胸(ドラ・マール)』を手に入れたことも明らかになっている。その他にも、自宅や会社には、アンディ・ウォーホルやロイ・リキテンスタイン、ドナルド・ジャッド、マーク・グロッチャン、エイドリアン・ゲーニー、ジョン・チェンバレン、ダン・フレイヴィン、ジョナス・ウッド、アルベルト・ジャコメッティなど、ジャンルを問わず、数多くのアート作品が飾られている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4