鈴木杏樹「慰謝料300万円超」と“禁じ手”海外行きで引退危機!?

 2月6日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた、宝塚元男役トップスターの女優・貴城けい(45)の夫で俳優の喜多村緑郎(51)と、女優の鈴木杏樹(50)の不倫関係。

 報道のあった6日夜、杏樹は所属事務所を通してコメントを発表。

「今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました。しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真摯に反省し、今後皆様に御迷惑をおかけすることのないよう慎みます」と不倫を認め、謝罪した。

 杏樹の「お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり」というコメントには、「相手の奥様に失礼。謝罪だけすべきでしたね」「奥様に対する謝罪が一行も一言もないのはなぜ? 宣戦布告?」「不倫の事実に加えてさらに奥さん傷つけて、謝罪じゃなく、言い訳になったね」などと、批判が殺到してしまった。

『週刊文春』は2月20日発売号でも、杏樹と喜多村の不倫関係を続報。傷心の杏樹は「いま抱えている仕事が片づいたら海外移住しようかな」と周囲に吐露しているという。

 芸能レポーターは、この報道に驚きの声を上げる。

「海外移住は分かりますが、記事によれば杏樹さんが頼っているのがドラマ『相棒』(テレビ朝日系)で共演した、元俳優の成宮寛貴さん(37)だというのが驚きですよね。共演以来、杏樹さんと成宮さんは友人関係で、成宮さんに対して“ヨーロッパとかに滞在するときには誰に相談すればいいの?”と尋ねていると『週刊文春』では伝えていますが、すごいことですよね」

  1. 1
  2. 2
  3. 3