■年内活動休止・嵐の活躍の機会も…

 東京五輪では、数々の著名人が聖火ランナーを務めることがアナウンスされている。

「ジャニーズタレントでも、KAT-TUN亀梨和也(34)が東京都を、TOKIO城島茂(49)、国分太一(45)、松岡昌宏(43)、長瀬智也(41)が福島県、関ジャニ∞安田章大(35)が兵庫県、Hey!Say!JUMP八乙女光(29)が宮城県を走る予定です。応援自粛要請が出ましたが、ジャニーズタレントが走る際には多くのファンが詰めかけることが予想されます。

 聖火リレーは引き続き粛々と進められると思われますが、五輪自体が延期になる可能性もあり、五輪に携わるジャニーズタレントも少なくありませんから、延期となればジャニーズ事務所にも大きな影響が出てきそうです」(芸能プロ関係者)

 NHKでは、がオリンピック・パラリンピックの魅力や感動を伝える「NHK東京2020オリンピックパラリンピックスペシャルナビゲーター」に就任。5人が司会を務める番組『2020スタジアム』も放送が始まっており、オリンピック期間中にも嵐が、NHKの多くの五輪特番に出演し続けることになると見られる。

「嵐は開幕に先駆けて、5月15日と16日には新国立競技場でコンサート『アラフェス 2020 at NATIONAL STADIUM』を開催する予定です。現在、チケット申し込み期間中ですが、このコンサートも実施できるのかどうか……。新型コロナウイルスが終息を迎える前の開催となれば批判を受ける可能性もありますからね。嵐は今年いっぱいの活動休止が決まっています。彼らの活躍の機会が減ってしまうのは、ファンにとっては痛恨ですよね……。

 また、関ジャニ∞の村上信五(38)はフジテレビ五輪放送のメインキャスターに就任。元SMAP中居正広(47)もTBSの野球中継に携わるのではとささやかれています。さらに『新しい地図』の稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(43)の3人は『日本財団パラリンピックサポートセンタースペシャルサポーター』を務めています。オリンピックの開幕が延期となれば、その後に行われるパラリンピックにも影響を及ぼすでしょうから、彼らも事の経緯を注意深く見守っているのではないでしょうか」(前出の芸能プロ関係者)

 現役ジャニーズタレント、そしてジャニーズOBにも大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルス。はたして、東京五輪は開幕されるのだろうか……。

  1. 1
  2. 2