織田信長の安土城、豊臣秀吉の大坂城や聚楽第などにきらびやかな金碧障壁画を残したのが、絵師の狩野永徳。彼の作品は桃山文化を代表し、狩野派は江戸時代になると、幕府の御用絵師として画壇を支配し、当時、人気だった英一蝶や伊藤若冲らに軒並み、影響を与えた。 だが、永徳の曾祖父である始祖の正信の前半生は多くの…