織田信成(おだのぶなり)

2000年代から2010年代にかけて活躍した日本のフィギュアスケート選手。1987年3月25日生まれ。大阪府高槻市出身。身長167センチ。織田信長の末裔として注目され、2005年の世界ジュニア選手権で日本人男子として2人目のチャンピオンとなる。2010年バンクーバー五輪では7位入賞。2013年の全日本選手権終了後に現役を引退し、現在はプロフィギュアスケーター、コーチ、解説者、タレントとして活躍中。2017年4月からは母校関西大学アイススケート部監督も務めている。