大谷翔平が「二刀流を捨てる日」

 やはり、背番号17の“赤いサムライ”は別次元の存在だった。今季からメジャーリーグ・エンゼルスに移籍した大谷翔平(23)が、ファンを熱狂させている。3月30日(日本時間=以下同)のアスレチックスとの開幕戦に、8番DHで先発し、メジャー初打席初安打。4月2日には、投手としてメジャー初先発で初勝利を挙げた大谷。「開幕戦に野手で先発出場し、開幕10試合以内に投手でも先発登板というのは、ベーブ・ルース以来99年ぶりのこと。大谷の名前が歴史に刻まれました」(在米ジャーナリスト)

 そして、メジャー初本塁打は、4日のインディアンス戦だった。1回裏二、三塁で大谷がバットを一閃すると、白球は天高く舞い上がり、右中間のスタンドに飛び込んだのだ。「ビッグフライ! オータニサン!」と現地のテレビ解説者が絶叫し、観客が総立ちで熱狂する中、大谷はダイヤモンドを一周。ベンチで彼を迎えたのは、新人が初本塁打を放ったときの“お約束”、サイレントトリートメントだった。両手を挙げる大谷にチームメートはソッポを向き、数秒間、誰も相手にしない。たまらず、大谷が「ねえねえ」と言わんばかりに一人の背中にしがみつくと、それを合図に、エンゼルスの全選手が熱烈に若武者を祝福した。「いやー、大谷、かわいかったですね(笑)。あの光景から、どれだけ彼がチームメイトから信頼され、愛されているのかが分かります」(スポーツ紙記者)

 大谷を二刀流で使うため、チームは“特別ローテ”で今季に臨んでいる。メジャーでは5人の先発投手で、中4日のローテーションを回すが、エンゼルスのソーシア監督は先発6人体制を採用。登板間隔を中5日~6日あけることで、大谷の疲労の軽減を図る狙いがある。

 その後も大谷は3試合連続ホームラン、あわや“パーフェクト”で挙げた2勝目など、二刀流での快進撃を続けている。

 大リーグ研究家の福島良一さんは、この活躍に驚きを隠さない。「まさか、ここまでやるとは……。なにしろ、オープン戦が悪すぎましたから」 大谷のオープン戦は、打率.100、防御率27.00。あまりの惨状に、一部の地元メディアからは「オオタニの打撃はアメリカの高校生レベル。マイナーからやり直したほうがいいのではないか」との辛辣な声も飛び出していたほど。「エンゼルスには現在、左の強打者が不足しています。大谷が打者としてエンゼルスで期待されているのは、長距離バッターとしての役割だったのに、オープン戦でのヒットは単打のみで、期待ハズレと評価する人も少なくなかったんです」(前出の福島氏) しかし、ソーシア監督が何より高く評価する“適応力”を見せ、大谷は開幕ダッシュに成功した。

■昨シーズンの悪夢が頭をよぎり

 その二刀流の切れ味に、曇りはないように思えるが、好事魔多し。決して万全ではない、という声が。「本人と球団が、何よりも恐れているのはケガ。昨シーズンの悪夢が、どうしても頭をよぎります」(前出のスポーツ紙記者)

 17年シーズン、足首の故障でWBCを辞退したものの、大谷は開幕から打者として出場し、打ちまくった。8試合で打率.407、本塁打2本。しかし、4月8日に左太もも裏の肉離れを起こし、約3か月間欠場。6月27日に打者として復帰したが、投手としての登板は、首位と22ゲーム差がつき、ほぼ5位が確定した7月12日だった……。「シビアなメジャーの球団は、そんな事態は許しませんよ。環境も変わり、試合数の多さ、移動距離の長さ、無制限の延長と、ハードさはケタ違いですから、少しでもリスクがあると判断すれば、二刀流にストップがかかるでしょう」(前出のジャーナリスト)

■サイ・ヤング賞クラスのピッチャー

 また、こんな声もある。大谷がドラフトの目玉として騒がれた頃から、ソフトバンクの王貞治会長は大谷の打撃の才能を高く評価していた。「(二刀流ではなく)バッティング一本で行けば、僕のホームラン記録を破れるスラッガーになれる、と思うほど優れた素質」と語っていた王会長が、大谷のメジャー行きが決まった際、親しい人間に、「大谷はメジャーで、打者と投手、どちらのほうが成功するでしょう?」と聞かれ、「それは投手」と即答したというのだ。理由としては、「メジャーにはパワーヒッターがゴロゴロいる。勝ち抜くには、DHで8番はどうなのか。DHは主軸を打てる打者の定位置だと思う。一方、野茂から始まる日本人投手の成功は、コントロールのよさと落ちる系統の変化球の精度の高さゆえだ。大谷も……」と、投手への専念を示唆したという。

■田中将大や前田健太も落ちる変化球で成功

 確かに、ヤンキースの田中将大はスプリット、ドジャースの前田健太は縦のスライダーと、落ちる変化球で成功。大谷も140キロ台のフォークで、メジャーの打者から次々三振を奪っている。MLB専門誌『スラッガー』(日本スポーツ企画出版社)の久保田市郎氏も、こうコメントする。「大谷は、投手としては間違いなくサイ・ヤング賞クラスの投手と高く評価されています。投手と打者、両方そこそこだったら、むしろ二刀流で使いやすいんでしょうが、投手としてすごすぎて、かえって使いづらいということもあると思います」 続けて、「エンゼルスは優勝、プレーオフを目指すチーム。たとえばパドレスのようなチームなら、じっくり育てることもできるでしょうが、エンゼルスは育成に特化できないと思います」と語る。

 前出の福島氏は、今後の日程がカギだという。「大谷の真価が問われるのは、レッドソックス、アストロズ、ヤンキースという超強豪チームと対戦する4月中旬以降。ここで結果を残せるかがポイントでしょう」

 計算できる“投手・大谷”に専念させる可能性もあるということだ。「プレーオフ争いから脱落するわけにはいかないので、判断を下すのは早ければ6月下旬。二刀流のロマンを追い続けるのに残された時間は、それほど多くない」(民放スポーツ記者)

 迫りつつある運命の刻。大谷は、輝き続けることができるのか――。

あわせて読む:プロ野球12球団順位予想「今季のカギはDeNAとソフトバンク」