薬物中毒で怪死した野崎幸助氏、紀州のドン・ファンの「真犯人」メッセージと「謎の美人女子大生」

 自殺か他殺か――迷宮入りの様相も呈してきた世紀の怪死事件。事件の真相に迫る新事実をキャッチした!

 5月24日に、紀州のドン・ファンこと、資産家の野崎幸助氏(享年77)が急逝してから早2か月。しかし、いまだ、事件解決の糸口は見つかっていない。「あまり知られていませんが、4000人以上の美女を愛してきたドン・ファンらしく、亡くなる直前にも妻以外の美女とデートし、“交遊”をしていたのではないか? と噂されてます」と言うのは、生前、野崎氏と交流のあった地元関係者。「野崎さんは和歌山県田辺市に住んでいましたが、週一で上京しては都内の聖路加病院に通い、検診を受けていました。健康に相当気を遣っていたようです……。ただ、目的はもう1つ。東京の“美女”たちとデートするためです」(前同)

 野崎氏は今年2月に55歳下の若妻と入籍したが、どうやら、その後も女遊びは続いていたようだ。「野崎さんは長期にわたり複数の交際クラブの会員になっていたため、頻繁に女の子を紹介されていたようです。好みのタイプは身長165センチ以上でスレンダーなモデル体型。かわいい系の顔立ちは苦手で、鼻がスッと高く、目元はキリッとした美人系、芸能人なら女優の菜々緒さんみたいな方が好きでしたね」(同)

 複数の交際クラブで野崎さんが利用していたのは、「紹介料が1回につき、10万円クラスのVIPコース。そこには、現役の女子アナやモデル、グラドルなんかも登録しています。実は亡くなる直前にデートしたと囁かれるのは、今年の春先に『週刊大衆』でグラビアを飾った身長165センチ近くある美人女子大生だったそうですよ」(野崎氏の仕事関係者)

 この話を聞くと、野崎氏は死ぬ直前まで“現役”バリバリだったようだ。「野崎さんは和歌山で発売中の『週刊大衆』を購入し、“件の女子大生”の体を、すみずみまで確認したそうです」(地元クラブ関係者)

 この本誌グラビアを飾った女子大生は、目鼻立ちがハッキリとし、ぽってりとした唇、色白の美肌に、キュッとくびれたウエストがそそるモデル体型だ。「しかも、バストは90センチですからね。野崎氏は大喜びして、“これは最高だ!”と即、さまざまな交際クラブに連絡し、紹介を依頼したというんです。そして、2人は東京でご対面する運びになったのではないかとみられているんです。それが、3~4月頃の話でしたから、この話が本当なら、野崎さんの最後は彼女だった可能性もありますね。男と女の関係なので真相は分かりませんが……」(同)

 野崎氏は、多くの美女たちのデートでは、いたって紳士的だったという。「行きつけは『銀座天一』とリッツ・カールトン東京の鉄板焼。野崎さんはお酒はビールしか飲みませんでしたね。“泡なし”が好きで、毎回3杯ほど飲んでました。遊び方がきれいなことは有名で、女の子が希望する“デート金額”の倍額以上を手渡すのがお決まりでした」(野崎氏の知人女性)

 また77歳にして、ナンパも現役だったという。「銀座にあるなじみのテーラーで、100万円ほどかけてスーツを仕立てていましたが、そこの美人スタッフも、よく口説いていましたね」(前出の仕事関係者)

  1. 1
  2. 2
  3. 3