NHK大河ドラマ『いだてん』も描かない「東京オリンピック1964年の激動ニッポン」
写真はイメージです

 アジア初のオリンピック開催の興奮に沸いた昭和39年のニッポン。貧しいながらも躍動し続ける時代の世相は!?

 日本で初めてオリンピックに出場した男(金栗四三)と、日本に初めてオリンピックを招致した男(田畑政治)を主役にした2019年のNHK大河ドラマいだてん』がスタートした。56年ぶりとなる「2020年東京オリンピック」開幕を前に、“五輪ムード”が徐々に高まりつつあるが、最初の東京大会が開かれた1964年は、池田勇人首相の「所得倍増計画」の大号令のもと、ニッポンがイケイケだった時代。一方、国際的には、アメリカの駆逐艦が北ベトナムの魚雷艇に攻撃され、ベトナム戦争の足音が、すぐそこまで迫っていた時代でもある。

 そんな激動の時代を、本誌はどう報じていたのか。ビッグスターのインタビューを交え、当時の誌面を抜粋しつつ、「1964年のニッポン」を秘話満載でお届けしたい!

 アジアで初めてオリンピックが開催されるとあって、本誌が年頭に予測した「64年十大ニュース」(1月23日号)でも、スポーツネタが多くそろった。本誌はオリンピックでの日本の金メダル数を19個と予測。結果は16個と、残念ながら、本誌予測には届かなかったものの、その数はアメリカ、ソ連に次ぐ堂々の第3位だった。「多くのマスコミが目標に掲げていた金メダル15個を上回ったのは立派。当時の種目数はリオ五輪のほぼ半分(163種目)しかなかったことを考えると、歴史的快挙でしたね」(本誌記者OB)

 次いでの本誌の仰天予想は、“ミスタープロ野球”こと長嶋茂雄(28=年齢は当時のもの=以下同)と女優の司葉子(30)の“世紀の婚約”だ。「ミスターはその後、東京五輪でコンパニオンを務めた亜希子夫人と結婚しているから、当たるも八卦、当たらぬも八卦というところ。“いい線”いってたんじゃないかな(笑)」(前同)

 本誌恒例のプロ野球日本シリーズ予想は、「阪神タイガース(セ・リーグ)VS近鉄バファローズ(パ・リーグ)」の“御堂筋シリーズ”をズバリ掲載。パ・リーグは南海ホークスが制したものの、セ・リーグの阪神優勝は見事的中。予想通り、関西勢同士の“御堂筋シリーズ”が実現した。

 その年のプロ野球は、五輪開催の影響で変則日程となったとされるが、その最大の犠牲者は巨人だった。「現場の記者には、巨人の不振ネタを取り上げるよう檄を飛ばしたね。それでできたのが、『ことしの巨人は球団創立以来の醜態』(8月6日号)の記事。取材していくと、戦犯は川上哲治監督だ、という声が多かったので、記事には“今シーズンで退陣”と書いたのを覚えている」(本誌デスクOB)

 ところが、本誌が「面白みのない男」(9月10日号)と酷評した川上監督率いる巨人は、翌65年から前人未到のV9を成し遂げることに。その節は、どうもスイマセンでした……。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4