■明るくひょうきんな「欽ちゃん」とは違う素顔

「17年の欽ちゃんのドキュメンタリー映画『We Love Television?』では、何度もリハーサルを繰り返したあげくに“じゃあ本番は違うことをしてね”と指導する姿もありました。

 欽ちゃん劇団出身の芸人・俳優である川本成(46)は、18年の『TOCAKNA』インタビューで映画の感想について“稽古風景とかを見ているとちょっと『イップス』みたいな、過呼吸に近い感じになるんです。恐怖が蘇ってくる”としたほか、萩本の人物像を“破壊と創造を繰り返す、超どパンク”としていますね。まだ若かった木村が逃げるのも、無理はないかもしれません」(前出の専門誌記者)

 萩本は、かつて「視聴率100%男」と呼ばれていた。多くのゴールデン帯の番組に出演し、1週間のレギュラー番組の視聴率の合計が100%を超えたことから、その異名がついた。

「そんな“テレビの神様”と呼んでも差し支えのない人に香取は認められ、信頼を得たわけです。一緒に『仮装大賞』に出るだけでなく、本気で後継者に指名するほどですからね。木村はドラマが軒並み高視聴率なことから“視聴率男”とされましたが、これからは香取が“視聴率男”の名を受け継ぐ日が来るのではないでしょうか」(前同)

 来年からは、『慎吾ちゃんの全日本仮装大賞』になるのかーー。香取と欽ちゃんの未来に注目したい。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4