甲子園開幕! 春の選抜高校野球「金の卵リスト」
写真はイメージです

 紫紺の大優勝旗を目指して戦う選抜高等学校野球大会。プロ野球界も熱視線を送る球児たちをリストアップ!

 3月23日、いよいよ春のセンバツ、第91回選抜高等学校野球大会が開幕。今年もプロ野球界から注目を集める逸材が甲子園に集結。そこで、本誌は甲子園の開幕に合わせて、出場する選手たちを中心に、今年のドラフト候補となるエリート選手たちを一挙に紹介する!

 ただ、残念なのは、今年のナンバーワン投手と目される、佐々木朗希投手を擁する岩手県の大船渡の出場がかなわなかったこと。「高校野球マニアとして知られる長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督が、どこからか情報を仕入れて、佐々木投手のピッチング映像を取り寄せたそうです。ミスターも、甲子園の舞台に立つ佐々木の勇姿を見たかったでしょうね」(巨人軍関係者)

 ちなみに、ミスターは「甲子園のスターは積極的に獲りに行くべき」という持論を持つ。そのミスターのお眼鏡にかなった佐々木は、どんな選手か。「“平成最後の怪物”と称される逸材です。体格や投げ方から大谷二世とも呼ばれますが、高校時代の大谷以上と評価するスカウトもいる。甲子園出場がかなわなくとも、ドラフトの目玉となることは間違いありません」(全国紙運動部記者)

 ソフトバンクホークスの王貞治会長も、「うちも絶対欲しい選手。ビデオを見たけど、本当に大谷にそっくり。何球団の競合になるのか、今から心配だ」と絶賛。佐々木は、2年生秋の時点で時速157キロを計測しており、160キロオーバーを、すでに視野に入れている。間違いなく特A級の逸材と言えよう。

 佐々木以外にも、大型の本格派投手がズラリ。「今年の高校生投手は、“四天王”とも“四天王プラスワン”とも言われる豊作の年。これらの投手は、いずれもドラフトの1、2巡目で名前を呼ばれることが確実視されています」(スポーツ紙記者)

 その四天王で佐々木に次ぐ2人目は、星稜(石川)の奥川恭伸投手。昨年、2年生で唯一、U-18日本代表に選出された逸材だ。「代表合宿では、根尾昂と同室になり、かわいがられた。根尾からは“こういう展開のときは、こう投げろ”と、具体的な投球術を伝授されたそうです。第100回記念大会となった昨年夏の甲子園では、開幕戦で、いきなり自己最速の150キロを記録するなど、天性のスター性を持っています」(前同)

 ちなみに、甲子園で2年生投手が150キロ以上を計測したのは田中将大大谷翔平、安楽智大に次ぐ史上4人目の快挙。先輩たちが軒並みメジャーやプロ野球で活躍していることを考えれば、奥川もまたプロで活躍するA級素材と言っても間違いないだろう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4