巨人は意外と多い! 丸佳浩、元木大介…プロ野球「伝説のクセモノ」
写真はイメージです

 選抜高校野球で“サイン盗み騒動”が起こったが、プロの世界はそんなもんじゃない。職人たちを大特集。

 4月2日、昨年7月から12月まで胆石の治療のため長期間入院をしていた巨人軍の長嶋茂雄終身名誉監督(83)が、巨人-阪神1回戦を観戦するために東京ドームを訪れた。試合開始直前に行われた本拠地開幕セレモニーの途中、バルコニー席から手を振ると、観客席から大喝采が起きた。

 9-3で巨人が勝利を収めたこの試合で飛び出したのが、丸佳浩外野手の移籍後初の本塁打。5回の第3打席で、右中間スタンドにソロアーチを放ったのだ。「ミスターが球場を出た後とはいえ、丸は持っていますね。長嶋さんは“丸君のバッティングを自分の目で見たい”と、この日のためにリハビリを懸命にしてきた。ミスターも大喜びでしょう」(巨人軍関係者)

 豪快にスタンドに放り込む長打力が魅力の丸だが、スポーツ紙記者は「選球眼の良さこそ、彼の真骨頂」と話す。昨季、12球団で断トツ1位の出塁率.468、130四球を選んだ選球眼は今年も健在。開幕の対広島3連戦ではヒットこそ1本だけだったものの、4四球を選び、しぶとく出塁をしているのだ。「丸はこれまで3度、リーグ最高四球数を記録しています。際どいところに投げると見極められ、ストライクを取りにいくと痛打される。ピッチャーからすれば、なんとも嫌な“クセモノ”選手ですよ」(前同)

 現在、そんな丸を指導する立場にあるのが、ミスターによって「クセモノ」と命名された元木大介1軍内野守備兼打撃コーチ。対戦相手として「一番嫌だった」と回想するのは、阪神のエースとして何度も対戦した野球解説者の藪恵壹氏。「通常、彼のようなつなぐタイプの打者だとランナーを進めるバッティングをするんですが、そう思って投げるとガツンと長打を打たれたりする。際どい球は、いやらしくファールで粘るし、何をするにしても読みがいいんです。元木は本当に嫌でしたね」

 “隠し球”でも有名な元木は現役時代、対戦相手のみならず自チームの選手の「ちょっとした変化」も見逃さない目を持ち、不調の選手に的確にアドバイスを送るなど、「名コーチになる素質を持っていた」(ベテラン記者)と言われる。

 昨年まで、同じ巨人の投手総合コーチを務めた斎藤雅樹氏とヘッドコーチを務めた村田真一氏のバッテリーは、相手バッターを嵌めるために、ある“技”を使っていたという。「斎藤は、村田が構えているコースとは逆の球をわざと投げていた。それで、返球するとき村田は不満な態度を斎藤に現すんだけど、それも2人が仕組んだ“演技”(笑)。面白いように決まっていたよね」(前同)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4