10円ラーメンや10円カレーも!飲食店「激得カレンダー」
写真はイメージです

 不景気と増税で財布がピンチな人必見!! 毎日のサービスデーを知れば良心価格でうまい食事を楽しめる!

 10月の消費税2%アップがボディブローでじわじわときき、懐もジリ貧状態。昼食も値段を見て決めている――読者にもこんな人が多いだろうが、これを一発逆転する秘策がある。飲食店の感謝デーやサービスデーなどの利用だ。年数回、あるいは月何回かのサービスデーでは5%、10%の割引は当たり前。30~50%以上安くなることも、ざらにある。こんな格安店を食べ歩けば、懐も寒くならずホッカホカ。外食産業の事情に詳しい経済評論家の平野和之氏が次のように解説する。

「外食産業は客数や客単価が伸び悩んでいるため、客をつなぎ止めるべくさまざまなサービスをせざるをえない状況です。サービスデーもその一環ですが、消費者としては、これを利用しない手はないと思います」

 たとえば、読者が(記者も)大好きなラーメン。これを10円という驚きの値段で提供したのは、全国で500店舗を展開する『幸楽苑』グループだ。「きっかけは今年の台風19号で大きな被害を受けたときに、お客様や取引業者様に励まされたことでした。その感謝の気持ちを込め、今年の11月29日と12月6日の2回、全店舗でお客様感謝祭・中華そば10円デーを企画したんです」(同社の広報担当)

 通常価格440円のラーメンが10円だと話題を呼び、2日間で、なんと約10万人が押し寄せたという。「この10円ラーメンの企画は今年限りなんですが、毎月15日は60歳以上の人が含まれたグループに10%割引をするサービスデーは、来年も続けます」(同)

 東京・日比谷公園にある洋食店『松本楼』が毎年9月25日に10円カレーを提供しているのは、テレビで見た人も多いはず。「10円カレーは、1971年に放火で焼失した当店が、9月25日に再オープンできたことに感謝して始めたのがきっかけでした。今年も1500食を用意したんですが、並んでいただいた1800人の方に提供しました。来年も、このイベントを続ける予定です」(同店の広報担当)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4